【文字起こし全文】19.7.11 大阪 かめいし倫子(大阪選挙区)×山本太郎(全国比例区)

19.7.11 15時20分~ 
大阪・なんば高島屋前

https://twitcasting.tv/yamamototaro0/movie/555095848

山本太郎:
大きな音で失礼をいたします。私、前々、ご通行の皆さん、山本太郎と申します。失礼いたします。本当に懐かしいですね。大阪です。本当に心温かい人々、たくさん住んでます、大阪。この大阪を守っていただきたい。

大阪を守るにはどうしたらいいかっていったら、大阪選挙区から素晴らしい候補者を選んでいただきたいってことなんです。私、先ほど、たつみコータローさんの応援に入りました。そしてこれから、かめいし倫子さんの応援に参加することになってます。ふたつ、2人の候補者、応援するっていったい何考えてのかって方いらっしゃいますけど、何を言ってるんですか。大阪4つ議席あるんですよ。そのふたつを野党側が取りにいかないとどうするんですか。たつみコータローさんも応援してあげて。かめいしさんも応援してあげて。大阪の人たちの底力見せて。2議席はかめいしさんとたつみさん、確定できるようにより一層拡げていただきたいんですよ。力を貸してくれますか? 

あまりにも酷い政治が続いてる。皆の首絞まってばっかり。生活苦しい人、国民生活基礎調査でも57%超えてるんですよ。地盤沈下してる。ここに対して消費税増税なんて狂気の沙汰ですよ。消費税凍結も、こんなのない。消費税は廃止しかない。私、そう思ってます。20年以上デフレが続いてんですよ。世界でそんな国ひとつもない。まともな状況にしてほしい。あなたの生活を底上げしなきゃ、どうやって日本守るっていうんだよって事ですよ。あなたの生活を底上げする。中小企業、息を吹き返してもらう。そのためには消費税廃止以外ない。私はそう思ってます。

そして今、登場してくれました、かめいし倫子さん。すばらしい候補者です。本当に、本当ならね、どんな問題起こったとしてもスルーされてしまいそうな事でさえ、しっかりキャッチして、その先頭に立ち続けてきた。そういう弁護士の活動やられてきた方ですよ。皆さんラッキーですね、大阪で投票したい人がここに居るじゃないですか。

改めまして、山本太郎と申します。大きな声でごめんなさい。山本太郎、選挙区は東京だったんですよ。2013年、6年前、東京選挙区から66万を超える方々に国会に送っていただいた。でも、今回は東京選挙区ではなく、全国でやってます。全国で山本太郎って書いてもらって、その勢力を大きくして、国会にややこしい人たちをたくさん作っていきたいと思ってんです。真っ直ぐな、地べた這いつくばってでも、空気を読まないってことを、今、国会に1番そういう人たちが必要だと思ってるんですよ。

私はね、かめいしさんも、国会内の永田町のリズムとかってことを、多分読まずに、皆さんのために政治ができる方だと思っています。読めないんじゃないですよ。空気読まないだけなんですよ。永田町のリズムで、だいたいこういうもんだからっていう所に、声も上げていかなかったら、馴れ合いの政治で終わっちゃいますよ。だからこそ、皆さんに本当のことを伝える人たちが必要。大阪の選挙区からは、必ずこの方を送っていただきたい。かめいし倫子さん、かめいし倫子さんです。

山本太郎、6年間参議院いました。その最前列で、今、おこなわれている政治に参加し、それを見てきた。どんな政治だったか? 残念ながら、金になることはすぐにでも決まる。でも、命や人間の尊厳という部分に関しての事柄は一向に前に進まない。そんな政治だったんです。はっきり言います。今の政治、皆さんのことは、コストとしてしか見てない。嫌な話ですね。何のために皆さん、税金払ってもらってるんですか? 支え合いの社会。

自分が困った時に真っ先に手を差し伸べてくれるのが、政治であったり社会であってほしいという思い、ないですか? 皆さん。何度でもやり直せる社会、そういう社会作りたくないですか? 1回ミスったら人生終わり、生きてる心地なんてしませんよ。

今は明らかに、生産性。生産性で人間の価値がはかられるような状況になってきた。つまりは何か。「あなたは役に立ってますか? あなた一体何ができるんですか?」っていうのが、視点から、その人間の価値をはかるような状況になってきている。こんな生きづらい社会、ないですよ。自分が何を生み出そうが、生み出すまいが、ただ存在しているだけで価値があるっていう社会を、実現するためにも、選挙があるんですよ。4割以上の人、興味持ってない。もう諦めてしまっている。でもちょっと待ってほしい。あなたが政治から手を離した瞬間に、政治はどんどん、この世の中はどんどん破壊されていくんですよ。あなたのものでなくなっていくんです。どうか、もう1回、もう1回、この参議院選挙だけでもいい、自分の力を集めて、自分の思う候補者を国会に送り出してほしいんです。大阪選挙区からは、かめいしさんです。かめいし倫子さん。

私、山本太郎、消費税廃止にしろって言ってます。消費税、どうして必要なんですかね。消費税は増税? 冗談じゃないってことですよ。考えてみてください。税金を払えません、税金を払えないんですっていう税の滞納。税の滞納の内の6割を占めるのが消費税。つまり何かって、もうぶっ壊れてるんですよ、この税制自体が。中小企業、零細企業、消費税なんか払えない。それだけじゃない、消費税は事業者以外にも1人1人の生活、首締まってますよ。たとえば、お腹が空いた、おにぎりを買う。パンを買う。そこにも消費税かかってくるんですよ。生きるために必ず毎回取られる罰金が消費税なんですよ。こんな不公平な話ってあります? 金持ちが道楽で買うダイヤモンド、今日生きるために買うおにぎりも同じ税率がかかるなんて、ありえない話ですよ。この消費税、山本太郎は、廃止にすべきだと言ってます。

で、そこで問題になるのは何かと申しますと、消費税をなくした分の税収は、何で賄うんですか? ってこと。だいたいいくらくらい? 20兆円くらい。消費税をやめた場合、20兆円分の税収が失われる。じゃあこれを別のもので調達すればいいですよね。

例えばどうですか? 所得税、今、金持ちのために安くなり続けてますよ。最高税率引き上げましょうよ。どうですか? 所得税の最高税率を引き上げる。そしてもうひとつ、法人税、法人税、現在、法人税。現在、税率はフラット。大企業も中小も零細もフラットです、決まってます、税率が。これを累進制を導入する。要は何か? 儲かっていれば儲かっているほどパーセンテージが高まり、儲かっていないときには税負担が減る。これ普通の取り方じゃないですか。皆さんどう思われます? 今の税の取り方、法人税はフラットにしている。中小も大企業も同じ税率。だけれども、大企業のみ、そこから税を割引のシステムが80以上あるんですよ、ズルくないですか? この中に80以上の税の割引のシステムを適用してもらったって方いらっしゃいますか、この中に。いらっしゃったら、かめいしさんに、ぜひ献金いただきたいと思います。いらっしゃらない。該当者なし、わかりました。

話、先進めます。そのような、今、言いました、例えば消費税、最高税率に上げる。それだけじゃなく、例えばですよ、金融資産から得られる所得。例えば株、利益が上がったとかいうことですね、それ、今、分離されてんですね、分離課税。どうして分離すんの? 所得は所得なのに、こいつ総合課税にし、先ほど言った法人税も累進制、導入する。このふたつで29兆円、29兆円のお金が出るんですって。ねえ。だったら忖度するべきは誰だっていうことわかるでしょっていうことですよ。この国に生きる皆さんに忖度しろよっていう話ですよね。

消費税20兆円分の財源は簡単に確保出来ましたよ、これが出来れば。9兆円余ってます。何に使いましょうか。いろんなこと考えられると思うんですけれど、私の提案は、奨学金。国がやってるサラ金ですよ、あんなもん。小泉、竹中の時代に、この奨学金は金融商品として売られた、何か、利息で儲かるっていうシステムにしたっていうことですよ。利息で誰が儲かる? 金融機関。年間どれくらい。350億くらい、冗談じゃないっていうことですよ。いい加減にしろ、ですよ。教育を受けたいと思う者たちを、食い物にするなって話だと思いません? 皆さん。現在、奨学金を借りている人たち、そして今、返している人たち、全部合わせたら555万人、555万人、これを一気にチャラにすると9兆円。消費税をなしにして20兆円、555万人をチャラにして9兆円、合わせて29兆円。これ、お金こっちに使うのどうですかね? まずい? 

少子化が国難だって言ってたくせに、何にもしてないじゃないかってことですよ。少子化克服するためには、教育、本人と家族に負担が掛からないようにする。そして安い、敷金礼金保証金とか、いらないようなかたちで自分の家を持てる。しかも家賃は安く、そして、給料が少ない人には補填する。このような3つがなければ、どう考えたって少子化なんて克服できるはずもないですよね、皆さん。これはもう、2014年、15年くらいからずっと国会の中で言い続けてます。この3つが、1丁目1番地じゃないかってこと、菅官房長官にも何回も言っている。返ってくる答えは何か。自助、自立。自分の足で立てって、自己責任ですよ。自己責任を要求する、自己責任を強いるような政治家なんだったら、どうして皆んなの税金でご飯食べてるんだって話なんですよ。

これは変えていける。どうしてか? この国にはまだ選挙制度がある。民主主義を最低限、担保するための仕組みが残ってる。だから選挙で変える以外ない。力、貸して欲しいんです。心ある人を国会に送っていただきたい。大阪の議席は4つ。1つくださいよ。1つ議席くださいよ、かめいしさんに。かめいし倫子さんに。声にならない声をすくい続けてきた、それを国会議員でもないのに、やり続けてきたんですよ。その先頭に立ってきた。そういう人を国会に送っていただきたい。皆さん、力貸してください。大阪選挙区、かめいし倫子。かめいし倫子です。

かめいし倫子:
皆さん、こんにちは。かめいし倫子です。弁護士のかめいし倫子、これまで刑事弁護人として、たくさんの刑事裁判、取り組んできました。今、山本太郎さん、仰ってくれたように、国家権力と対峙する、本当にハードな仕事、空気を読まない人じゃないとできません。私は、これまで10年間、弁護士として働いてきて、本当に社会の中で光が当たらない所にいる人たちの弁護をしてきました。私が勤めてた事務所、大阪弁護士会が作った事務所って、弁護士費用をポンと払えない人たちのための事務所なんです。弁護士費用って、着手金20万とか30万かかります。それがポンと払えない人、結構いらっしゃるんですね。生活保護世帯の方であったり、年金生活者の方であったり、そして、ひとり親家庭で、しんどい思いしながら、お子さんを育ててるお母さんであったり、そして非正規雇用の方ですね。

今、非正規雇用の方、全労働者の4割に達しています。そして、そのほとんどの方が年収が200万未満です。一生懸命フルタイムで働いても年収が200万円未満なんですよ。そして要らなくなったら使い捨てですか? おかしいですよね? 残業代くらい、ちゃんと払ってもらいましょうよ。過労死するまで働く必要なんてないです。定時で帰りましょうよ。定時で帰りましょうよ。それが当たり前の働き方じゃないですか。皆んなが今、生活が苦しいって、国民の6割近い方が生活が苦しいって感じてるんですよ。日々の生活、お金のことを心配してる。

それなのに、消費税を10%に上げる。おかしくないですか? 誰がお金持ってるんですか? 企業が持ってるんだったら法人税、お金持ちからは所得税、固定資産持ってるんだったら固定資産税、株で儲かってるんだったら金融所得課税、もっと、そういうところから負担してもらえばいいじゃないですか。そうですよね? どうして、どうして、こんな日々の暮らしに苦しんで、働いても働いても豊かにならない、むしろ貧しくなっていってる、そんな庶民から消費税取るんですか? おかしいですよね? 今の政治家、国民の方を全然向いていないと思います。何兆円もかけて戦闘機買うんだったら、まず先にやることあるじゃないですか。そうですよね? そうですよね? 何兆円もあったら解決できる問題、たくさんありますよね。待機児童の問題にしたって、それ解決するために何兆円もいらないじゃないですか。なんか優先順位、間違ってますよね。

この政治を変えなきゃいけないって思うんです。私、本当に思うんです。でも、今まで私は、政治には、あまり積極的に関わらないようにしてました。弁護士だから、司法の世界で頑張ろうって思って。こんな風に候補者の演説に足を止めることもなかったし、チラシすら受け取ることがなかったんです。できれば政治に関わらないようにしようって思ってました。なんかややこしいし、巻き込まれたら大変だ、とか思ってたんです。

だけど山本太郎さん、1974年生まれ、同じ歳、同じ歳なんですよ、山本太郎さんと。だから山本太郎さんが、高校生の時ですよね? テレビに出ている時から、私は、山本太郎さんのこと見ていた、同じ歳だから。だから、山本太郎さんが、今、政治の世界で、こんな風に空気読まずに、私たちの声を、私たちの声を代弁して戦ってくれている。それを見て、やっぱりやらなきゃって思ったんです。やっぱり、どうしても心動かされますよね。山本太郎さんの話、聞いてたら。立ち上がったと思うし、立ち上がった人を応援しなきゃって思いませんか? そうですよね? 同じ歳の山本さんが、政治の世界で戦っているのを、ただ黙って見ているわけにはいかないって思ったんです。だから、山本さんだって、毎年炊き出し行ってますよね? ああいう姿見て、私も同じ志を持っているって思ったんです。だから、私もやんなきゃって思って、政治に関わりたくはなかったんだけども、もう手遅れになる前にやんなきゃって思いました。ありがとうございます。

山本太郎:
ありがとう。立候補してくれてありがとう。

かめいし倫子:
私1人の力じゃ絶対無理、だから皆さんの力を貸してほしいです。どうか皆さんの力で、今、本当に激戦ですよね、大阪。大接戦です。皆さん方の力があれば、なんとか私たち、山本太郎さんと一緒に国会で働けると思う。どうか、力を貸してください。よろしくお願いいたします。ありがとうございました。ありがとうございます。ありがとうございました。

山本太郎:
ありがとうございます。どうぞ、もう一度上に立って。この後、移動しないといけなくなるので、2ショットとか撮れないと思うんですよ。だから、勝手に2ショットとか撮ってもらって良いですか? いいですか? はい。じゃこちら側からいきます。どうぞ。ほぼ肖像権のない2人です。現在選挙中につき。どうぞどうぞ。じゃ順番にこう右側にずれていきますか? ありがとうございます。大阪選挙区、この人しかいない。かめいし倫子、かめいし倫子、あなたの声を聴く人。一生懸命に汗を流す人、そういう、そういう人を国会に送っていただきたい。人の痛みを分かる、感じられる、そういう人になっていただきたい。力を貸していただきたいんです。マイクを握っているのは、山本太郎。全力で応援する人は、かめいし倫子さんです。この人しかいない。かめいし倫子。ありがとうございます。どうかどうか横に拡げてください。あなたの1票はありがたいけれども、その1票じゃ勝てない。もっと横に拡げていただきたいんです。2票を3票に、よろしくお願いいたします。

……………………………………………………………………………………………………………………………………….

19.7.11 16時20分~ 
大阪・JR天満駅前

https://twitcasting.tv/iwj_areach1/movie/555103701

かめいし倫子:
山本太郎さん、もう少しでいらっしゃいますので、もう少しお待ちください。その間に、私の方で少しお話をさせていただくんですけれども。私、1974年生まれ、昭和49年生まれ、今年45歳なんですけど、なんと山本太郎さんと同じ歳なんです。それがどうしたって話ですけれども。山本さんが高校生の時にテレビに出た時からずっと見ているわけですよ。なんか、こんな人いるんだなぁとかって思ってたの。でね、その後、山本さんが政治家になって、今では、もうほとんど唯一の存在といっていいくらいに、国会で空気も読まずに言うべきことを言っている。そうじゃないですか? ね? だから同じ歳の人間として、やっぱり山本太郎さんの姿を見ていて、国会での姿を見ていて、そして炊き出しに行っているあの姿を見ていて、やっぱり心を動かされるものがあるんですよね。皆んなそうだと思うんですよ。心を動かされますよね? 

私は今まで、あの刑事裁判、司法の場で戦ってきたけれど、国家権力と対峙してきたけれども、凄くなんか勝手に共感を抱いていたんです。山本太郎さんに。やっぱり相手が誰であろうと、安倍政権であろうと、検察だろうと、警察だろうと、国家権力であろうと、やっぱり、守んなきゃいけないものがあるってことで、私も戦ってきたから、山本太郎さん、同じ歳の山本さんが、国会でああいう風に国民に寄り添って、弱い立場に人に寄り添って、発言をしている、戦っているという姿に、ものすごく心を動かされました。

私は、まあ私、弁護士だし、司法の世界でやっていこうってずっと思っていて、政治には、まあ、関わらないようにしていたというか、あまり積極的には関わらないようにしていたんです。なんか、巻き込まれちゃったら面倒くさそうとか思って。こんな風に立候補者の演説に足を止めることもなかったし、チラシを受け取ることもなかったし、投票には必ず行っていたけれど、それ以上に関わろうとしていなかったんです。でも、本当に、さすがに、もう駄目じゃないかなって。

だってあまりにも今の政治をやっている人たちが、国民の生活の実感とかけ離れたような、年金貰っているんだか、貰ってないんだか、なんぼ貰っているんだか分かんないような財閥の御曹司が、何10兆円も資産のある人が、そして2世、3世の世襲の議員が、政治をやってる。私たちの国民の、庶民の生活とはかけ離れたような政治になっていっちゃってるじゃないですか? 

何兆円も使って、戦闘機を買って。そんな事するよりも先にやるべき事ありますよね。そうですよね? 私たちの生活、どんどん苦しくなっていっちゃっているじゃないですか? 賃金は上がらない、でも物価は上がっている。そして社会保障費も上がっている。だから実質賃金は下がっていますよね。その上、さらに消費税取ろうっていうんですよ。私たちの暮らしはどんどん苦しくなっている。働いても働いても豊かにならない。そうですよね。

なぜ、私たちからさらに消費税を取ろうとするのか。お金を持っている人は誰なのか。企業が儲かっているのなら法人税で払って貰えば良い。そうですよね。そうだよね。資産があるんだったら固定資産税、お金持ちからは所得税、株で儲かっているんだったら金融所得課税、なぜそこからもっと取らないんですか? なんで、この生活に困っている、日々のね、お金の心配、老後のお金の心配している私たち庶民から、もっと消費税っていう形でお金を取るんだと思いますよね。おかしいよね。だから、そんな庶民の生活の実感とはかけ離れたような政治がおこなわれている、それをしている人たちが、やっぱり全然、国民の代表とは思えないような人たち。だから私はもう政治に関わりたくないなんて言ってる場合じゃないって思って、もう立ち上がらなきゃいけないと思って、この参議院選挙に立候補しました。山本太郎さん、到着されました。ありがとうございます。

山本太郎:
天神橋筋ご通行中の皆さん、大きな音を立てて申し訳ございません。山本太郎と申します。よろしくお願いします。なぜ山本太郎が今日、大阪に来てるかと言いますと、大阪の皆さんにお願いがあるんですよ。底力を見せていただきたい時なんです。大阪は4議席ですよね、参議院選挙。今、優位に立ってるのは維新の2人と自民党と公明党? ここ4つ持っていかれちゃったら、むちゃくちゃですよ。最悪ですよ。この4のうちの2は、心ある野党議員に必ず取ってもらいましょうよ。いかがでしょうか? 

私、絶対に大阪から2議席獲って欲しい人が2人います。ひとり、同期、2013年の時に一緒に国会に上がった、たつみコータローさん。この方の仕事も間違いない。あなた、あなたが困った時に手を差し伸べるような政治を目指されている方。そして、もうひとり、私テレビのコメンテーターとして出てる時にファンでした。この方です。もう一回上がってください。すみません。かめいし倫子さんです。ありがとうございます。この人を受からせて、皆んな。力貸して欲しいんですよ、本当に。今の政治に足りないものってなんだろうって思った時に、ひとりひとりを慮る気持ちなんですよ。愛が足りないんですよ。優しさが足りないんですよ。その足りないものを補える人は、大阪で私、かめいしさんだと思ってます。力貸して欲しいんですよ。常に弱い人たちの立場に立って、その先頭に立って切り開こうとして来た。法律家として。これだけ信頼できる人なかなかいませんよ。必ず拡げて欲しいんです。自分ひとりで投票したってことで完結しないで欲しいんです。拡げていただきたい。あなたの1票から3票4票に拡がるようになっていかなきゃ。4つの議席(のうち)2つ、必ず心ある野党議員にとらせる。これはもう私たちの義務ですよ、これは。

ひとりひとりを慮る気持ちが今の政治にはない。じゃあ誰を慮ってんだって、一握りの人間ですよ。一握りの人間だけを得させるようなことがずっと続いてる。一番わかりやすいところでいえば、大企業に対する大減税。どうしてこんなことすんの? 大減税する理由は簡単。自分たちの支持者である人々にご恩返ししてるんですよ。組織票や企業献金で応援してくれてるから。じゃあ、あなたたちに得になるように大減税しますわねって話です。

そしてもうひとつ、お金持ちに対して、よりお金持ちになってもらうために所得税もどんどん低くなってる。最高税率も下げられてる。金持ちに大減税、大企業に大減税ってことになったら、当然、この国の収入減りますよ。減った分、どこから補いましょうかってことで、補ってるものが消費税ですよ。社会保障のために使ってん違うの? 皆んなそう思ってるかもしれない。とんでもない。2014年、4月から消費税は3%増税、8%になりましたね。この3%増税するときに国は約束してます。「全額、社会保障の充実と安定化に使う」って約束してる。答え合わせしたら分かりますよ、2017年度で見たら、2017年度3%分の税収、8兆円程度。この8兆円のうちいくら社会保障に使ったかっていったら、全額じゃなきゃ約束守られてませんよね? でも2017年度、社会保障の充実という部分で使われたのはたった、16%。たった16%ですよ? おかしいでしょ。それだけじゃない、7年間、現在の政権が7年間続いている間に、社会保障の費用、4兆円削減されてるんですよ。はっきりいいますよ、緩やかに殺しにきてる。それが今の政権、政治ですよ。これ、変えないと、もっと皆んな首締まりますよってことなんですね。

消費税10%になれば、だいたい1年間で自分がどれだけ払ってることになるか、皆さん、考えてみたことあります? 事業者の方だったらどれくらい払ってるかは多分、理解されていると思います。でも、日々パンを買う、おにぎりを買う、細々とお金を払っているっていう状態の中で、消費税、年間どれくらい払ってるかなんてイメージできませんよね? 試算しました。総務省2014年の消費実態調査から、消費税が10%に上がった場合、1年間でどれくらい消費税取られるかっていったら、1ヶ月分の所得くらい取られるんですよ。あなたの生活、苦しいの決まってるじゃないってことです。消費税って強制的な物価の引き上げでしょ? 

普通、物価が上がるっつったら、経済が活発になり、景気が良くなってって、物価も上がるけど賃金も上がるってことがセットなんですよ。けど、今は違う。消費税によって、強制的に物価が引き上げられた上に、あなたの賃金上がってない。つまりは実質賃金下がっていってる、物価は上げられて、実質賃金下がってる。苦しいの当たり前やんって話なんですよ、おかしいだろって話ですよ。

さっき言いました、消費税を、主な税源とする理由は何か? 社会保障。でも実際は社会保障に全部使ってない。一部にしか使ってない。じゃあ何に使ってるんですかって言ったら、最初言った通り金持ちをより金持ちに減税、大企業をより儲けさせるために減税。税収足りないから消費税増税、ふざけんなって話なんですよ。どっち向いて政治やってんだってことなんですけど、6年間、参議院の最前列で見てきたのは、もう全く皆さんの方見てない。いみじくも2013年の所信表明演説。国会の最初に安倍総理が、私たちこうやっていきますってことを宣言された。どんな言葉だったか。「企業が最も、世界で一番、企業が最も活躍できる国を作る。」その通りですよ。嘘はついてない。

じゃあ企業にとってのコストってなんですか? 活躍するためにはコストカット、税金ですよ、これ。減税した。もうひとつは? 働くあなたじゃないですかって事ですよ。働き方壊されてるんだよってことですよね? それで首絞まるのは皆さんなんですよ。これ何とかしていかなきゃ。緩やかに殺されてますよ。ここ怒るとこだろっていうのがこの選挙の結果に出せるように、ぜひ拡げていただきたいんです。ぜひ、ご自身ひとりの1票で完了することなく、2票、3票と拡げていただきたい。私そう思ってます。

大阪、良かったですね。良い候補者いますよ。だってね、他の地域だったら、どっちも嫌やって人いるんですよ。ふたり、ふたり出ていて一騎打ち。どっちも入れるの嫌やって地域も存在していますよ。鼻をつまんで(投票)って地域もあるのに。進んで入れたくなる、そんな候補者がこの方ですよ。もう一度いいですか、上に上がっていただいて。かめいし倫子さんです。あなたが困った時、つまづきそうな時、必ず手を差し伸べる。そういう政治を、そういう社会を作ってくれる人がこの人です。力貸してくださいよ。関西人、大阪人のド根性、底力を見せてもらいたい。あなたの1票から何票にも拡がるように、拡げていってください。

消費税増税? 冗談じゃない。消費税は減税しろですよ。皆さんどう思いますか? 国会の中に入って活動がしていけるようになれば、かめいしさんも、おそらく減税の方がいいんじゃないのって事をはっきりね、言っていただけるような方だと、私は密かに期待しております。すいませんね。まずは凍結だと、野党全体、今、まずは凍結だという事を言っておられますけど、その先には凍結ではなく減税、そうすることによってデフレ脱却、これが確かなものになる。20年以上奪われてきたんですよ。皆んなの人生が、暮らしが。痛みを伴う改革の、その先にあったものは何か? 痛みしかないじゃないかということですよ。

子どもたちの約7人に1人が貧困。高齢者の5人に1人が貧困。単身女性3人に1人が貧困。はっきり言ったらこの国、もう終わってんです。でも終わらせられない。何でか? 皆んなが生きてるから。もう1回始めましょう。この選挙からやりましょう。力を貸してくれませんか? 力を貸してくださいよ。本気の大人がいるんですよ。本気の大人が。もう1回上がってください。かめいし倫子さんです。本気の大人。もっと優しい社会作ろう。誰も切り捨てない社会作ろう。何回でもやり直せる社会作ろう。大阪では、かめいし倫子、かめいし倫子にどうか力を集めてください。ありがとうございました。

かめいし倫子:
山本太郎さんありがとうございました。ありがとうございます。あの、太郎さんが来られる前に少し話しましたけど、同い年。今年45歳。山本太郎さん。だから私、山本太郎さんを見ていて、やっぱり、ね、気持ちが動かされますよね。

山本太郎さんが空気を読まずに、私たちの声を代弁してくれるじゃないですか、国会で。ね、そうですよね。それを聞いてて、そうだそうだ、と思うし、自分に何ができるんだろうと思いますよね。だから私も参議院選挙に立候補した。そして消費税の問題もそうだし、年金だって、日々の大変な暮らしの中から頑張って払ってるけど、これだってもらえなくなってしまうかもしれないって。皆んな老後の不安、お金の心配してる。そして働き方だって、いま、非正規労働者が全体の4割、そしてそのほとんどの方が年収200万円未満で働いています。一生懸命フルタイムで働いているのに年収200万、そしていらなくなったら使い捨てですよ。おかしいですよね。

私は最低賃金は1500円くらいにするべきだと思ってるんです。なるべく早くね。1500円。だって1500円って聞いたら高すぎると思われるかもしれないけど、時給1500円でフルタイムで働いたって、やっと年収300万円なんですよ。一生懸命働いたらそれくらいもらったっていいじゃないですか? そうですよね。そうですよね。山本太郎さんですよ。だから残業代だってちゃんと払ってもらいましょうよ。過労死するまで働く必要なんてないです。定時に帰りましょうよ。私たちは働くために生きてるんじゃないんですよ、そうでしょう? 私たちは人間らしく生きるために、自由に生きるために働いてるんでしょう? そうですよね。だから、だからやっぱり社会を変えなきゃいけないと、私、本気で思っています。いままで刑事裁判で国家権力と対峙してきた、そんなの空気読んでたらできないことですよ。私も空気を読まないで、山本太郎さんみたいに国会で働きたいし、皆んなの声を代弁したいです。

どうかよろしくお願いします。
かめいし倫子、よろしくお願いします。
ありがとうございました。ありがとうございました。よろしくお願いします。

※最善を尽くしておりますが、なるべく早く皆さまにお届けすることを優先するため、若干の誤字脱字はご了承ください。