【動画&文字起こし全文】れいわ新選組街頭演説会 19.7.11 大阪・JR大阪駅御堂筋北口前 (ヨドバシ梅田前)

山本太郎:
山本太郎と申します。遅くなってごめんなさい。よろしくお願いします。2013年の参議院選挙で、山本太郎は東京都民の皆さんから66万を超える票をいただきました。そして国会に入った。6年が経ったんですよ。長かった。でも短かった。もう自分の人生30年くらい余分に生きたような気分です。でもこの6年で国はどうなってるかといったら、ますます壊されていってんですよ。後ほどまたお話しますけども。この、ぶっ壊されていくスピード、これに対してブレーキをかけるような状況は、今のところ国会にないんです。

だったら自分で旗揚げして、一番厄介な集団を国会の中に、自分たちでつくり出す。皆さんのコントロールのきくアイコンとして、皆さんの力で初めて、市民の力で初めて作られたというような、公的な政党を作りたいと思ってるんです。力貸してもらえませんか。

余りにも端折った話し方でよく分からなかった方。どうかもう少しお付き合いいただきますと、どういう状況かということが分かってくると思います。2013年に、東京都から国会議員にさせていただきました山本でしたが、今回は東京選挙区からは出ません。今回、私は、比例代表。比例代表という方法でこの選挙に挑戦しています。比例代表。つまりは何かと言いますと、山本太郎という名前を全国の皆さんに書いていただける。どこにお住まいであっても2枚目の投票用紙、2枚目の投票用紙は山本太郎と書いていただけるような形で。1議員ではなく、複数の議員をつくり出して国会に打って出ようと思ってます。力貸してくれませんか?

6年間国会にいた。参議院の最前列にいた。そこでおこなわれてきた政治を参加し、見てきた。残念ながら、ここにお集まりの皆さん、ここにお集まりの皆さんのための政治は、ほぼおこなわれていなかったというのが私の感想です。じゃ誰のための政治がおこなわれているのか? 組織票、企業献金、そういったもので紐づいた人たちに、いかに得ができるかってことをご恩返しし続けてきたんです。これは2013年の安倍政権になってから、始めて年を越して2013年の初めに施政方針演説、私たちはこういうことをやっていきますということを宣言する。その総理の言葉どおりの展開です。なんと言ってたか? 「世界で一番企業が活躍しやすい国にする」っていう話なんです。結構ですよ。企業がもっと活発になってね、企業活動が、世界中から集まってきて、っていうことだったらいいですよ。でもそうじゃない。皆さんから削り取ったもので企業側を食わせるっていうような、そんな政治が進んでったら皆んな壊れるじゃないですか。一番分かりやすいところでどんなところがあるか。企業献金、組織票などをもらった人たちに対して、もっと儲けさせるということをやらなきゃいけない。そのためには何が必要か? 企業にとってのコスト、ひとつは、企業が払う税金です。これどんどん少なくなってってますよね。大減税おこなわれてます。

いまや企業、大企業、過去最高益。あのバブルよりも儲かってる。この中に、過去最高益。バブル以上に自分の収入が増えてるって方、どれくらいいらっしゃいますか? 誰もいない。どこ行ってもそうなんですよ。企業側のコストをカットして、より儲けさせるためには、この大減税が行われる。そしてもうひとつ。企業にとってのコストは働くあなたです。より長時間、低賃金で働けるような状況にして、それだけじゃない。雇用も流動化さして、今や非正規の人たち、4割じゃないですか? 半年後、1年後の自分をイメージできるか?できませんよ。半年後の自分クビになってるかもしれないのに、1年後の自分もクビになってるかわかんない、そんな不安定な働き方の上で、あなたの夢を語ってください。無理ですよ。

企業側をより儲けさせるためにおこなわれたことは、大減税と、このような雇用の流動化であったりとか、より安い労働力を大量に生み出すようなことが、ずっとやってきたっていうのが、これまでの政治ですよ。そのシワ寄せは、誰にいきますか? 皆さんなんですよ。おひとりおひとりなんです。今、政治でやられてること、あまりにもひどすぎる。そんな思いを持ってるからおそらく、何とか風穴開いたらいいのにな、こいつだったらなんか無茶な事しそうだぜ、みたいな期待感的な部分も持っていただいているのかもしれません。残念ながら、人間の尊厳を守る、あなたが生きててよかったって思えるような世の中には、今なってない。どうしてか? 政治が壊れてるから。じゃ、その政治を選んだのは誰か? この国に生きるひとりひとりだってことですよ。投票に行ったり行かなかったり、選んだり選ばなかったり、それのすべての集合体が、今、現実、目の前に見えてる地獄を作り出してる。

1年で2万人以上の人が自殺する。どれだけ追い詰められてんですか? いっときは3万人超えてたから、随分減ったじゃないかって話じゃないですよ。目に見える戦争も、目に見える紛争もないのに、2万人を超える方々が1年で、自分の命を絶たなきゃならないようなところまで、追い詰められてる。1年間で、自殺未遂だけみても50万以上。50万人以上。数に登らない人も合わせたらどれくらいの人たちが壊されてますか? これが今、私たちが生きてる国なんですよ。これが現実なんですよ。これをやめたい。死にたくなるような世の中やめたい。生きてたくなるような世の中をつくりたいんです。

じゃあ、生きてたくなるような世の中どうやって作るか。息苦しさってどういうとこから生まれますか? おそらく、経済的に不安定であるとか、そういう部分って、占めてる割合大きくないですか? 消費税は上がっていくのに、強制的な物価の引き上げ。強制的に物価を引き上げる消費税は上がっていくのに、自分の賃金上がらない。物価は上がり、自分の実質賃金は落ちていく。生活苦しくなるの当たり前ですよね。どうしてそんなことやんの? 景気良くしたいんでしょ。景気よくするって約束したんでしょ。じゃあ、景気を良くするために、一番しなきゃいけないことって、なんだって。

景気を良くするための一番大きなエンジンは、消費なんですよね。個人の消費。ひとりひとりが、去年よりも今年、先月よりも今月、自分の欲しかったものや、買うべきものを買っていける。この消費が、もっと喚起されるような状況にならなきゃならない。だって、あなたが何か物を買う、消費する。消費することによって得られたお金は、誰かの賃金に回っていく。誰かの消費は、誰かの所得。当たり前の話。

一方で、消費税はどう? 消費税は、上げるたびに、個人消費落ち込んでんですよ。どれくらい? 2014年4月に増税してから個人消費どれくらい落ち込んだか。個人消費の落ち込み約8兆円。8兆円と言われても、額がでかすぎる。他のものと比べてみる。リーマンショック。リーマンショックの時の個人消費の落ち込み6.3兆円。リーマンショックで6.3兆円の個人消費の落ち込み。消費税2014年に増税した落ち込み、8兆円。リーマンショックなんて超えてんですよ。 

消費に関わるすべての部門に対してかかる税金なんですよ。つまり、何かってったら景気冷え込む以外ないんですよ。それをよくも2014年に消費増税したな。それをよくも今回も、また10%に増税するなんて、人の心を持ってたら絶対に言えない話ですよ。いかがお考えですか? 皆さん。

(歓声)

景気を一番良くするために、一番大きなエンジンは消費である。当然です。GDPの構成しているものを見ればわかる。消費は55%から60%占めてんですよ、GDPの。山本太郎でも知ってることなのに、官邸がそれを知らないわけがない。わけわかってないか。わざとやってるかどっちかですよ。わざと以外ないですよ、こんなの。

消費税、これ10%になったとしたら、皆さんどれくらい負担が増えるかということを意識してみたことありますか? おそらく1年間で自分がこれくらい消費税を払ってるっていう事を、認識されてる方のほうが少ないんじゃないでしょうか。事業をやっている、そういう方だったらわかるでしょ。でも、日常的にお腹空いた、パンを買う、おにぎりを買う、何か買う。そのために細かく支払ってる消費税、1年間でどれくらい払っているかっていうのはなかなか意識しづらい。

2014年の総務省全国消費実態調査をもとに試算をした結果、消費税が10%になった場合、1年間で払う消費税の額は1か月分の所得くらいのものになってしまうって話なんですよ。高すぎません? この1か月分の所得が皆さんに返ったとしたら、今、本当に必要なものを手に入れる、消費行動に移りませんか? 消費行動。本を買いたいって言葉があった。ね、自分の知的冒険であったりとか、自分自身を深めるための本さえも買えない。非正規で働いてる人、保険証がなくて病院にも行けないって人いますよ。その人が最終的に病院行く時いつ? もっと重篤化してから。そんな世界に生きてたくないよ。でも、これが現実なんです。これを変えたい。これを変えたい。これを変えるためには、何をしたらいいか? 

20年以上デフレですよ日本は。デフレって何ですか? デフレ、物価が下がること。2年連続でデフレですよね、物価の下落。これが20年以上続いてるのが、日本なんですよ。今年の初め、参議院の本会議。代表質問に山本太郎が立った時に、安倍総理に直接聞きました。「20年以上デフレが続く国、日本以外にご存じだったら教えてください。」それに対して安倍総理の答え。「ございません。」ございません、です。当たり前ですよ。どの国も成長してんですよ。どの国も緩やかなインフレなんですよ。20年間デフレが続いてる国、完全に病気であり、完全に衰退国家の仲間入りなんですよ。デフレの20年ということはつまり何か? 何が失われたか? 消費ですよ。先ほどから言ってるとおり、みんなが物買えない、将来に不安がある、もしくはそもそも出せない。消費が冷え込んだら、当然、投資も冷え込む。みんなが物買わないのに、より安くしないと買わないのにここでわざわざ従業員増やしたり、工場を新しくしたりする? しない。

消費と投資。この2つ、需要が失われた20年以上で結局、どうなったかって。この国衰退してますよ。経済政策の誤りによって、多くの人々傷つけた。20年消費と投資が奪われるってことって何か。さっき言いました。消費は誰かの投資になるんだって。8兆円の個人投資は失われたという消費税増税。8兆円の消費が失われたなら当然、8兆円分の所得も失われたことにならないかってことなんですよ。とにかく20年、この国によってずっとDVされてるのが皆さんなんですよ。この国に生きる人々なんですよ。でもなんとかやってくれるんじゃないか、安定感は自民党だろうみたいな話で、いや、あの人は暴力を振るうけれども、私の事を本当に愛してくれてるってことと、何が違うんですか?

(拍手)

完全に舐められてるんですよ。完全に舐められてる。この国に生きる人々は、もう思考停止してるって勝手に思われてる。甘く見るなよって話なんですよ。もう怒るよって話なんですよ。それを示すのが今回の選挙。まず、山本太郎が何がやりたいか。すいません。あまりにも現実的な事をお話しすぎて、ちょっと萎えた人もいらっしゃるかもしんない。でも、圧倒的な数をつくって、それによって自分勝手なことをして、ここまでボロボロにされた日本という国を、全く別の形につくり変えることはできると私思ってます。それが選挙でしょって。みんなでつくっていくんでしょってことなんですよ。

(拍手)

今回、私は春から旗揚げをして、自分で、グループを作った。国会議員、私ひとりだけ。れいわ新選組という団体。今回は10人で立候補。この10人で立候補している私たちが全員受かったとしても、当然、政権は取れません。けれども、私たちがやりたいことを実現するためには、政権を取る必要がある。今回はその第一歩なんですよ。

政治に緊張感がないんです。政治に緊張感がない。どういうことか。与党側は、もう野党側を舐めきってる。力で押し切りゃ、何でも通せると思う。だから、ポンポン法律出してくんですよ。これが与野党本気で喧嘩するという形になったら、そんなポンポン出せませんよ。私は野党の素晴らしい先輩方、頭脳明晰、その切り口も本当に素晴らしい人たち多いけれども、最終的な段階でガチンコの喧嘩をするってことを一緒にやってきたいんです。その火付け役になりたいんですよ。それが、政治に緊張感を持たせるってことの始まりだと思います。

話戻ります。じゃあ、山本太郎が旗揚げした山本太郎率いるれいわ新選組、まず何をするか? 緊急政策、いくつか挙げさせていただいていてます。まず、絶対にやらなきゃいけないこと。それは消費税の廃止です。どうやって廃止にできるのか、その財源についても後ほどお話します。消費税上げるために、この国の経済壊されてます。人々の生活も壊されてます。税負担あまりにも重すぎて、中小、零細、泣いてます。そんな状況、すべての税金、すべての税金に対して払えません、払えませんという滞納。税金の滞納のうち、消費税が占める割合6割。もう壊れてんですよ、税制として。6割滞納ですから、中小企業、零細企業の方々にとっても、この消費税っていうのは大きく首を絞めてる。

それだけじゃない。先ほどお話した通り、収入が少なければ少ない人ほど、消費税の負担率上がっていきます。どうしてか。入ってきた、入ってきた収入、右から左、そのほとんどが消費に流れる、そういう人たち負担率高まっていくじゃないですか? 大金持ちが道楽で買うダイヤモンドと、人々が生活のために必要な、例えば紙おむつ、同じ税率なんてフェアですか? 大金持ちが道楽で買うダイヤモンド、一方で収入が少ない人たちが自分の命をつなぐために買うパン、買うおにぎり。これ同じ税率ってフェアですか? 完全にアンフェアなんですよ。逆進性が強い、負担率は収入少ない、右から左に消費に消えるって人たちのが、圧倒的に高くなってくる。子ども、子どもお金稼いでないのにお小遣いでお菓子買っても消費税取られるんですよ。消費税とは何か。いくら貧しくても、自分が生きようと思う、生きるために食べる、生きるために飲む。そのために取られる罰金。最悪じゃないですか? 

「生きててもいいよ、けれども、薄く税金かけるからな、必需品すべてにも。」っていう話ですよ。こんなのないだろって。生活苦しくなるの、当然だろって。厚生労働省最新版国民生活基礎調査、全世帯のうち生活が苦しいと言ってる人たち、57.7%。シングルマザー80%を超えてる。生活が苦しい皆さんにお聞きしたいんですよ。今、私が生活が苦しいとあげた数の方々は、本人の努力が足りなかったから、こんな苦しい状態に置かれてるんですかね? 

(聴衆:違う、政治が悪い)

私もそう思う。これだけの大人数の方々が地盤沈下してしまう社会っていうのは、構造上の問題ってことですよ。税の取り方、配分の仕方が間違ってるってことですよ。だから、20年以上奪われ続けてんですよってことですよ。デフレ20年の国なんてひとつもない、日本だけ。異常ですよ。

ひとりひとりを慮る気持ち。愛ですよね。そして、本当に今、必要なところに国が投資をする、お金の問題。この国に政治に足らないものは、愛と金なんですよ。それを取り戻そうって話です。

話戻ります。消費税廃止にする。これは絶対的に必要なこと。これは絶対的に必要。消費税を8から0、要は廃止にした場合、これ日本、景気回復しますよ。当然じゃないですか。消費税上げるために個人消費が落ち込んでんですよ。その逆をしようってことです。3%上げただけで、個人消費8兆円失われたんですよ。逆に物価を下げるようなことしたらどうなる? 今まで皆んなが買えなかったものを買う。必要だったけど、控えてたものを買うってことになってかないですか? 消費税が廃止されるということで、景気が良くなるということを予測した企業、どうなるか。内部留保溜め込んで、一個も吐き出さないと言われてる。でもそれしょうがないんですよ。なぜか。需要がないところに、投資なんてするはずないから。でも消費税が廃止されるということになれば当然、「これはちょっと景気良うなるから、人を多めに雇おうか。でも人を雇うにしても、賃金高めに出さんと人集まらんわな」って話になっていくわけですよ。それ以外にも、機械を新しくしようとか、工場を拡張しようとか、「消費税が8から0になる」とインフォメーションされた途端、公式にインフォメーションされた途端に、世の中は動き出すんですよ。当然、景気回復方向に向かいますよ。景気回復方向に向かえば当然、税収だって増えます。当たり前じゃないですか。

ただ、消費税を廃止に出来ないと思い込んでらっしゃる方、その心配は何ですか? おそらく消費税をやめることによって失われる税収をどうするんだっていう話だと思うんです。確かにおっしゃる通り。政府が消費税をやめるという判断をした場合に、20兆円、20兆円の税収が失われる。これを何で賄うのかってことが、一番重要なところですよね。財源はあります。二つあります。ひとつ、税。税で取るということ。もうひとつ、新規国債の発行ってこと。この二つがあります。この場では時間の関係上、新規国債の発行という部分に関しては、説明はやめます。税の方。誰でもわかる税の方で。じゃあ、20兆円をどう賄うのか? 消費税が導入される前は、何で賄っていましたか? 1989年から3%でスタートした消費税、その前は何で賄っていましたか? おっしゃる通りです。所得税、法人税の言葉が出てきました。そうなんですよ。消費税なくてもやってこれたってことです。88年、87年、86年、85年、84年、83年、ずっと消費税なかったんです。消費税導入されてから、下がった税があります。法人税と所得税。所得税は最高税率の引き下げられ、金持ちはより金持ちになるっていう道を歩めることになった。もうひとつ、法人税。法人税も1990年代から比べたら、50%近かったものが、もう20%に突入してる。これだけ大割引をしたら当然、全体としての収入、減ってしまうって話ですね。じゃ、この収入何で補いますかって出てきてんのが消費税なんですよ。消費税上がるたびに、今、言った2つが下がってってる。じゃ逆にしよう。消費税やめんだから、前に戻るよって話なんです。困りますか? 困りますか? 

じゃあ、どうやって取っていくか。例えば所得税。所得税は累進性です。累進性。儲かってる時にはパーセンテージが高くなっていく。儲かっていない時には、税負担は低く抑えられる。このような形のものですね。その累進性を強める、要は最高税率を上げて刻みを大きくする。これによって、今よりも所得税増えますよ。他にも、金融資産からの所得、株から出た利益など、これは今、分離されてる。分離。同じ所得から、同じ所得で得たものなのに、金融資産からのものが分離されてる。

どうして? 所得は所得なのに。だから、こういったものはすべて一緒に取る。総合課税とすると。どんな形であれ所得を得たのであれば、所得税として取るということをやる。で、もうひとつ、法人税。法人税、現在、税率固定されてますよね? フラットですよ。中小企業も大企業もってことです。これ、フラットやめます。何をするのか? 累進制を導入する。所得税と同じように、累進制を導入する。これによって助かるのは誰? 中小零細ですよ。この国支えてんのは中小零細なんですよ。大企業だけ、決まってる税率からさらに、80以上もの租税特別措置など、特別な割引のサービスがある。ずるくない? それやめましょう。アメリカでも累進制度はありましたよ。法人税に。トランプ以前に。日本でやれない理由なんですか? 日本でやれない理由は、組織票や企業献金もらってる人たちへの忖度でしかないじゃないですかってことですよ。一部の人間だけに忖度するんじゃない。国を支えるためには、皆んなに忖度しろって話なんですよ。まっとうな税の取り方をしましょう。法人税、累進制が導入されれば当然、景気が過熱したりとかしてる時には、税負担は大きくなります。儲かった分だけ当然、税負担が大きくなる。

で、逆に言ったら景気が冷え込みそうな時には、これ、税負担が低くなっていくんですよ。一番公平じゃないですか。でね、これはすごく意味があることなんです。何か? 景気の安定装置に使えるって事ですね。景気が加熱すればするほど、お金が世の中に回り過ぎて、回り過ぎて、これインフレがいき過ぎるっていうことになっていくから、当然、景気がいいところからは、そのお金を途中で抜かしてもらうってことですね。だから、インフレがいき過ぎるって事にもならないってことですよ。で、景気が悪い時には当然、パーセンテージは低くなっていくわけだから、その時には、所得税として多く取らない。逆に言ったら、景気の腰折れみたいな事を防げるって事ですよね? 一番いいやり方だと思います。

この2つ、所得税の累進性を強化、分離課税を止める。そして法人税、累進制を導入し、大企業に対する特別メニューをやめる。この2つで、29兆円程度の財源。29兆円程度の財源ができるという試算があるんです。

いけるじゃないですか、消費税やめんの。いかがですか? 消費税やめんのに20兆円程度。差し引きしたら9兆円のお釣りきますよ。9兆円のお釣りどうやって使おうか。色んな分野に今、お金が必要。いろんなことに使っていかなきゃいけないですけど、例えばの話でさしてください。9兆円、私がやりたいこと。国がやってるサラ金、奨学金。大学生の2人に1人は奨学金を借りている。どうして? 親世代が収入減ってるから。借金背負って学校行かなきゃなんない。そのうちの6割から7割は、有利子、利息取られる。この利息で儲けてる人たちがいるっていうことなんですよ。どうしてこんなシステムになったか? 小泉さん、竹中さんの時代に、これを金融商品化するって方向に舵切ってんですよ。ろくでもないですね。ろくでもないですね。小泉さん、竹中さん、ろくでもないですね。政治の場から、退場していただきたいと思います。本当に。いつまで竹中平蔵をありがたがってるんですかって事ですよ。

話戻ります。利息、1年間でどれくらいの利益があるか、350億円程度、金融機関の懐に入る。金融機関にしてみれば、350億円程度の儲けってそんなに大きくないはずですよ。でも、その利息を払っている、奨学金借りてる人たちにとったら、首が絞まっていくことでしかないですよね。555万人。555万人がこの奨学金、今、借りていて、そして返済してる人たち、それだけの数いる。555万人を一気にチャラにしたい山本太郎。じゃあ、ここにいくらかかりますか? 9兆円ですよ、9兆円。先ほどの税制改革をもとに20兆円は消費税をなくす。もうひとつは奨学金をチャラにするに使ってもいいですか? 皆さん。景気回復この道しかないってこのことを言うんだよ。

ありがとうございます。山本太郎、全国から今回、立候補してます。2枚目の投票用紙、比例代表、2枚目の投票用紙はどうか「山本太郎」、「山本太郎」とお書きいただきたいんです。全国どこからでも山本太郎とお書きいただけます。

この国を守る、軽々しく政治家そういうことを言います。じゃあ、この国を守るために何をしなきゃいけないの? F35A? F35B? 言われたままに、言いなりの値段で買わされて、その後、最初の値段よりも高なっとるがなみたいな、そんなATM、アメリカのATMみたいな真似をずっとし続けて、どうやって日本守るんだよって話ですよ。私が言いたいものは何か? 当然、国防という部分には必要な装備もあるであろうと。そこに対してはお金は使うべき。ただし、ポンコツの飛行機を買うために、その予算はないってことです。いかがですか、皆さん。この国を守るということは、あなたの生活を守ることから始まるんですよ。あなたの生活を守れないような国が、どうやって国、守るんだと思いませんか、皆さん。今いちばん必要な安全保障は、国内の安全保障、あなたの生活を守るってことなんですよ。あまりにも地盤沈下した皆さんの生活。景気のいい話なんてテレビの中からしか聞こえてこない。自分の周りを見渡したとしても、そういう話はあまり聞かない。どうしてか? あなたの元には好景気はやって来ない。そんな制度設計されているからですよ。これ変えなきゃなんないです。

日本銀行の調べで見てみると、貯金ゼロ、貯金ゼロの世帯、1人暮らし、それを見てみると、20代で貯蓄ゼロ、61%。30代、40代、貯金ゼロ、4割超えてますよ。完全に地盤沈下しちゃってるじゃないですか。そういうことを言うと、先輩、私たちのもっと年上の先輩方は、俺たちの時代には若いときに貯金ゼロなんて当たり前だったぞってことを言われる。でも待ってください。お父さんが貯蓄ゼロだった時代、その背景には高度経済成長なかったですかって話なんですよ。お父さんが貯金ゼロだった時代、その背景にはバブルなどがなかったですかってことなんですよ。今の貯金ゼロ、その背景は荒野でしかないんですよ。ぺんぺん草も生えてないんですよ。今の時点で貯蓄ゼロ、その先に一発逆転できるチャンスってある? 一発逆転できる人って全体の何%? 0.000000000001くらいじゃないですか? 

多くの方々はこの先どうなるか考えてみたときに、この国に大きく2つの問題が浮かび上がる。ひとつ、少子化は加速する以外ない。当たり前です。自分ひとりで生きるだけで精一杯なのに、家族を持とうとできるはずもないってことなんです。もうひとつ。若年から中年の貯蓄ゼロ。この方々は時間が経てば必ず高齢者になります。高齢者になったときに、どうやって生活するんですか? 全員が生活保護? 無理ですよ。つまり、何かって言うと、国は分かってるけど手を打たないんです。なぜか。コストと見なしてるから、この国に生きる人々を。じゃあ、将来的にその若年から中年が高齢者になったときに一体どうなるかっつったら、国は面倒見ませんよ。野垂れ死ぬしかないっていうことがもう見えるじゃないですか。だから、今、必要なんですよ、大胆な投資が。20年奪われ続けてきた人生と生活を、国の強力な投資をもって底上げする以外ないでしょってことなんです。

私やりたいこといっぱいあります。例えば、消費税を廃止にする。その他にも先ほど言いました。奨学金。国がやってるサラ金。555万人に対してこれをチャラにする。他にもやりたいことある。例えば全国一律で、最低賃金1500円。これを政府が補償。政府が補償するという形でやりたいんですよ。

中小企業零細企業これ傷つかないでしょ。私が今、言ってることは、最低賃金1500円政府補償、ひとつ、単独では無理です。他の私のやりたい施策とセットになってるんです。どういうことか。冒頭に言った。消費税を廃止にするということ。税金の滞納の6割が消費税、そこに苦しんでいる多くの方々が、中小零細の方々。だからこそ消費税をやめれば、負担がずいぶん軽くなるじゃないですか。そして景気は良い方に向かうんだから、当然商売だって上向いていきますよ。

プラス税制改革。先ほど言いましたよね。例えば法人税。税率はフラット、大企業も中小も一緒って言うけど、大企業だけ特別メニューになってた。これを累進制度を導入して強化する。儲かっている時にはそれなりに、パーセンテージ上がるけど、儲かってない時には税負担少なくなる。こういう形をとれば、私は1500円という最低賃金もリーチできる中小企業は存在してると思います。それでも無理だっていうところに対しては国が補填をする。私こうしないことには、今の日本、失われた20年を取り戻すことは難しいと思ってます。

1500円最低賃金ってことになったとしたら、わざわざ都会で暮らす必要ないんですよ。都会に仕事を探しに来てわざわざ都会で高い家賃払って、わざわざ暮らす必要なくなるんですよ。地方創生。かけ声は立派、予算も立派、でもそれで儲けてんのは誰?  中央にある企業と、中央にいるコンサルじゃないかって話ですよ。地方は衰退しかないこの先。そんなのないでしょって、ひとりひとり生きてんだよってことですよ。これは、安全保障上も非常に危険なんです。大きな都会に人が集中して他が衰退してるっていうのは、安全保障上も、非常にやばい話なんです。何か? 日本には毎年のように災害が起こります。例えばこの先、南海トラフがやってくると言われてる。20年間の間の経済的損失、1400兆円にも上るという試算が土木学会から出てるくらいですよ。他にも、東海地震もやってくる。首都圏地震もやってくる、直下で。じゃ大きな都市が壊滅した時に、それをバックアップできる地方の都市を、いろんなところに作っとく必要あるじゃないですか。

もっと安く暮らしやすいところに人が流れていくような状況を担保しなきゃならない。どこで働いても、1500円は担保できるということなら、より家賃が安い、より暮らしやすいって所に、人は流れていきませんか? その1500円という、最低賃金を以て、消費活動がいろんな土地で行われるならば、商売を始めようって人もできるし、産業だって発達していくでしょって。地方創生って言うんだったら、これくらいダイナミックなことやらなきゃ、もう完全に衰退しちゃってんだから、取り戻すにはやらなきゃダメなんですよって話です。

全国一律、最低賃金1500円。これを政府の補償でやっていくということをやりながら、消費税を減税し、税制を改革していく。これを前に進めていかないことには、もう完全に、この国の将来に希望が持てない状況。こんなの嫌ですよ。こんなの嫌。一人でも泣いてる人がいないような状況にするのが政治の役目だろって。それはただの理想かって。理想もない政治だったらやめてしまえってことですよ。失われた20年、あなたの奪われた20年を取り戻す。これは国家賠償という意味でも大胆にやっていく必要がある私はそう思ってます。

そして今、必要なこと何か?安定した雇用を生み出すってこと。地方に行けば安定した雇用、なかなかないですね。その受け皿となってるのが公務員。山本太郎は公務員増やしたいんです。これ大阪で言うの勇気いりますよね。大阪のお殿様たちは、どうやら公務員はけしからんということで叩き続け、なぜそういうことをするかというと、公務員を叩いても公務員から叩き返されないってことですよ。ガス抜きです。ガス抜き。

先進国で比べてみればよくわかります。1万人あたりの公務員の数、1万人あたりの公務員の数を日本で見てみるとイギリスの1/3ですよ。アメリカの1/2ですよ。どうして公務員職っていうものを拡げるか? って言ったら、受け皿として必要なんですよ。安定した職。安定した所得。それによって経済活動にも寄与しますよ。公務員を叩く時に言われるのは、本当に上のほう、一握りの人間だけ。じゃあ、そこだけ変えればいいやん。公務員の現実、見てないよって話なんです。現在、地方公務員、非常勤など不安定な働き方で過ごされている方々、5人に1人。置き換わっていかれてんですよ。どんどんどんどん。同じような仕事してんのに賃金、圧倒的に安いなんて、人間の扱いじゃないでしょって。

雇用をつくる。これが経済政策の一環でもあります。じゃあ、たとえば、非常勤で働かされている公務員の方々を正規にする。それだけじゃない。国がなかなかやろうとしない、ニーズはたんまりあるが、そこに対して本格的にお金を落とさない分野に、私は公務員職をつけたいと思ってます。たとえば何? 保育。保育を公務員職にするってどうですか? 少子化が問題なんでしょ? 少子化が国難なんでしょ? それで2017年、衆議院解散までしてるんでしょ? どうして処遇あげないの? これは介護にも言えること。介護職も公務員にしていきます。どうでしょう? 高齢化社会、加速してるんでしょ? ニーズは充分あるんです。でもどうして、その働く人々に対して処遇をあげていかないの? コストだからですよ。やめにしようぜ、そんな政治ってお話です。保育、介護、共に全産業平均で100万円以上給料が安い。そこに対して、じゃあどうしてもその仕事に就くって、なかなか難しいですよ。だって生きていかなきゃなんないから。まだ実家があったりとか、いろんなヘルプがあったら可能になるかもしれないけれども、ひとりで生きていっているという状態の中で全産業平均より100万円以上安い、そんな職種には就けない。子どもは好き。介護をやってて生きがいを感じる。そんな熱い思いはあって、資格はあったとしても、その職に就けないなんて不幸じゃないですか? ニーズはあるんですよ。安定した職として、安心して子どもを預けられて自分がその間、仕事して、ちゃんとした関係性で健全に生きていけるってことを担保するの、国の責任じゃないですか? 少子化が国難なんですから。

もうひとつ介護。高齢化が加速していって、その面倒を見るのが外国の方? 理由は何? 賃金安いから。それは失礼だろう。働いてくれる外国人の人にも。介護を受ける方もそうですよ。言葉の細かいニュアンスが伝わらなかったりとか、いろんなことあるでしょ。私はね、人材不足だと思ってません。賃金不足なんですよ。真っ当な賃金を払えば人は集まる。当たり前のこと。それがなされてないのがこの国。経済界と政治が常に手を組んで、働き方をいかに壊してくるかってことをやった何十年。残ったものは何か? 痛みを伴う改革の後には痛みしか残ってない。今もそれに苦しんでる。それにピリオドを打てるのが政治ってやつじゃないですか。力が欲しいんですよ。力が欲しいんですよ。権力を持たせてください。権力を持てば何ができるか? 公文書の改ざんや公文書の隠蔽。そればかりか、8年分のデータまで無かったことにできたりとか。友達、親友、40年以来の腹心の友に獣医学部を60年ぶりに作ったり。自分の嫁の学校経営者に対して国有地をタダ同然でさしあげたり。お友達の企業が税負担を少なくするために法人税を大割り引きしたり。金持ちに大割り引きしたり。いい加減にしろ。権力があるならあなたのために行使します。これが政治だろうって。それを選挙で選んで欲しいんですよ。力貸してください。力貸して欲しい。どうやったら力貸せるか、お話させて頂いていいですか?

今回の選挙、2枚投票用紙あります。1枚、選挙区。あなたの地元の、代表を選ぶ選挙区。大阪は大阪全体で4議席あります。ここに対して誰に入れようかという選択。今、自民党と維新2議席で公明党で話が終わっちゃいそうになる可能性がある。これまで散々好き勝手やって皆んなの生活壊してきたくせに、そこに4議席固めちゃっていいんですか? 大阪人の底力見せて欲しいんですよ。私がお薦めする大阪の選挙区から立候補してる人は、2人。1人、2013年、国会に大阪から送って、送られた、たつみコータローさん。この人本物ですよ。本物。頭脳明晰、正義感は人一倍強い。国会議員になる前に7000件、7000件以上の生活相談を受けた。もう死にたい、もうだめだっていう人たちですよ。もう諦めたい。何とかならないか。そういう声を7000件聞いてきたからこれは国会に行かなあかん。自分が変える1人にならなあかんと思って行った人。こういう人、絶対落とさんといて。力貸して欲しいんですよ。力貸して欲しい。

もう1人。かめいし倫子さん。弁護士の方、この人も正義感強い。弁護士だったら、もっと金になる仕事いっぱいあるだろうに、金にならない仕事ばかりやってきた人ですよ。いちばん声にならない声をどう救い上げるかってことをやってきた、そういう人にこそ国会議員なってほしい。大阪の皆さん、力貸してくださいよ。力貸してくださいよ。あなたが動かなきゃ始まんないんですよ、これ。あなたの1票2票3票と拡げてくれなきゃ始まんないんですよ。政治をコントロールするのあなた、皆さんですよ。総理大臣なんて一時の雇われ店長ですよ。何も偉くない。一番偉いのはあなた。この国に生きる皆さん。主権在民ですよ。あなたがオーナーであり、あなたが株主である。ここ大阪から、大阪から素晴らしい候補者が2人立ってる。だから、この2人を必ず送っていただきたい。たつみコータローさんとか、かめいし倫子さん。この2人お願いします。お願いします。ふんわりした人にも約束を取り付けてほしい。はっきり言いますよ。人の応援してる場合じゃないのが山本太郎です。

山本太郎、今回は、前回は東京選挙区からだったけれども、全国比例代表というところから立候補してます。比例代表。これはつまり、大阪にお住まいの方も、淡路島の方でも、小豆島の方でも、山本太郎って書いていただける。全国で山本太郎の名前を書いていただけるんです。力貸してくれませんか?

今回の選挙、先ほど言いました。1枚目の投票用紙は選挙区。あなたの地元の代表を選ぶ。そしてもう1つ、私が立候補している比例代表。比例代表に立候補者を出そうと思ったら10人、10人の仲間をつくらなきゃいけないんです。10人の仲間を集めた山本太郎率いるれいわ新選組。1人は東京選挙区から立候補。沖縄の創価学会員の方です。東京で何をするか? あまりにも変質しすぎた公明党。そして創価学会の執行部に対して戦いを挑んでいく。だって東京は山口那津男代表が立ってますからね。大人の喧嘩が東京で熱いんですよ、皆さん。こんな燃えるような選挙にしていかなくてどうするんですか。真面目に政治を考えて、真面目に選挙を楽しむ。これが政(まつりごと)。政治ってことですよね。皆さんにお伺いしたいんです。東京にお友達がいらっしゃる方、どれくらいいらっしゃいますか。だいたいいらっしゃいますよね。ありがとうございます。お願いがあります。東京選挙区は野原ヨシマサ。れいわ新選組から立候補している野原ヨシマサに票を集めるように、東京の友達に連絡してくれませんか? お願いします。創価学会の人を見習って皆んなで電話をしよう。F票(フレンド票)を集めよう。ありがとうございます。

そして比例代表は9人、新選組からあと立ってます。山本太郎もそのひとり、今回参議院の制度がちょっと変わった。どういうことか、普通比例代表、れいわ新選組では9人。この中で最初に国会議員としてリーチできる人は誰なのかって言うと、得票が高い順になります。得票が高かった順から国会議員にリーチできるというシステムが比例代表のシステムなんですけども、今回は特定枠と言うルールが出来た。特定枠。一体どういうことなのかというと特定枠に、そのメンバーの中の誰かを入れれば、得票数が一番少なかったとしても、優先的に特定枠からまず国会議員になっていくってことなんです。

今回、山本太郎率いるれいわ新選組、ハードルあげました。山本太郎が国会議員になるためには、まず特定枠その1。ALS、難病の患者、ふなごやすひこさんが受からなきゃなんない。その次、重度障がい者。生まれて8ヶ月で首に損傷を負って19歳になるまで社会に出たことがなかった、木村英子さん。このお二人が先に国会議員になった後じゃないと私に目がないんです。

つまり何か? 山本太郎のもとに100万票以上集まればALSのふなごさんが国会議員になり、続いて重度障がい者の木村さん、上に上げるためには200万票必要になる。この二人が上がった後、初めて勝負が始まるんですよ。山本太郎が国会議員になるためには300万票以上必要になる。それ以外のメンバーが国会議員になるためには、400万票、500万票、600万票と言う票が必要になるんですよ。1議席を守るために選挙やって、どうするんですか? 1議席を守るために選挙やってどうするんですか? それじゃ、今壊されているスピードに間に合わない。大きな勢力にしたいんです。身を切る改革ですよ、これが。これが、身を切る改革ですよ。聴いてますか、維新の皆さん。力を貸していただきたい。皆さんの力がなきゃ、私は国会に戻れない。

そして、それ以外の素敵なメンバー、れいわ新選組の本当に色濃いメンバー。派遣切りにあってシングルマザー、ホームレスもやりながら、それでも仕事を重ねて子どもを育てたという人。それ以外にも、それ以外にも、コンビニオーナー。元々は銀行員でエリート街道を歩んできたのに、セブンイレブンに搾取され続けた。人生を壊された。ほかにも東大教授。いろんな方いらっしゃる。山本太郎は苦手だ。あいつなんて信用できない。という方でも一度れいわ新選組のホームページにいっていただいて、山本太郎と書かない代わりに、他の推しが見つかるかもしれないので、ぜひ一度ホームページを覗いていただきたいんです。よろしくお願います。

山本太郎に力を貸してくれる方。もし、この中にいらっしゃいましたら、1票入れていただけるのも非常にありがたい話なんですけど、その1票じゃあ、大政党に対してガチンコで正面から抗えないんです。あなたの1票は、ありがたい。でもその1票じゃ勝てない。だから、どうすればいいか? 横に拡げていただきたい。

今、私が手元にとっているピンクの封筒があります。この封筒の中にはハガキが入ってます。このハガキ、公職選挙法。選挙のルールで認められた公選ハガキというものです。他の政党も使っています。これは何かと申しますと表側、表紙には12年前の私の麗しい写真が使われています。そこはあまり関係ないので端折っても良かったんですけど、

で、1番重要なことは、このハガキを裏返すと、このハガキを裏返すと、宛先、宛名、電話番号のところは空欄です。つまり、あなたのお友達、ご家族、ご親戚、友人、いろんな方々を紹介してくれませんか? そこを記入していただいて、一言メッセージを書いていただきたいんです。私も応援してるよって。いきなりハガキを送って来られても、びっくりしてしまいますからね。あ、なるほど、まるまるさんは、応援してたんだってことが確認できる。そうしたら、もうちょっとすんなり受け取っていただけるって事ですね。警戒心なしに。で、この書いていただいた、情報を書いていただいた封筒を、ハガキをもう一度、封筒に戻してください。封筒に。封筒に戻したらどうなるか。ポストに投函してください。それが山本事務所にやってきます。どうしてそんなまどろっこしいことすんの、俺がこれを記入したら、それポストに投函したら良いんじゃないかって思われる方、いらっしゃるかもしんないんですけど、こういうルールになってるんです。公選ハガキを出す時には、一度それを集約して、その事務所から出さなきゃいけないっていうルールなので、こんなにまどろっこしいんです。すいません。このピンクの封筒、公選ハガキが勝敗を分けます。組織がないんです。あなたから2人、3人と横に拡げていただける運動にしなきゃ、これ面白いことになりません。

国会の中で、ややこしい10人、絶対に空気は読まない、永田町の論理、関係ない、私たちは、皆さんの為に仕事をするんだっていう、ややこしい10人を、皆さんの力で送っていただきたい。なので、このピンクの封筒をお持ち帰りください。こちらにテントがあります。いくつでも持って帰ってください。よろしくお願いします。力を貸していただきたい。

今までなかったんですよ。市民の力で政党をつくったことは。それをやりましょうよ。市民の力で政党をつくって、あなたの意思が伝わる、あなたの気持ちがダイレクトに届けられる。国会の中でも、あなたのコントロールがきく。こんなアイコン、今まで無かったでしょってことなんですよ。それを私たちに担わせていただきたい。力を貸してください。現実を変えるのはあなた。この国の主権者、株主、オーナーは、皆さんなんですよ。ひとりひとりから、自信を奪うような教育、あなたに何ができるかってことをずっと言われ続けた。そうじゃない。あなたは、そこにいるだけで、あなたは生きてるだけで、価値があるっていう社会をつくるのも政治なんですよ。それ実現したいんです。生産性で人をはからせない。そんな社会、作ってきましょう。山本太郎でした。ありがとうございます。

※最善を尽くしておりますが、なるべく早く皆さまにお届けすることを優先するため、若干の誤字脱字はご了承ください。