【動画&文字起こし全文】れいわ新選組街頭演説会 19.7.6 新宿駅東南口

山本太郎:
新宿東南口付近ご通行中の皆さん、大きな音をたててしまって、本当に申し訳ありません。選挙が近づいてくると、選挙になると、あまりにもうるさい音で、「もう誰にも入れんとこ」っていう風に、私も昔思ったことあります。ただ、今回の選挙だけは、そう思わずに、お力をお貸しください。
山本太郎、6年前にここ東京、2013年。皆さんから66万を超える票を頂いて、国会に送り込んでいただきました。それから6年が経った。今回、山本太郎は東京選挙区からは出ません。東京選挙区からではなく、比例代表。投票用紙でいえば2枚目、全国の皆さんから「山本太郎」と書いていただける、そのような戦い方をしようと思い、比例代表で山本太郎が他、れいわ新選組として9名の仲間たちと一緒に戦っていくことになりました。 非常に魅力的な、れいわ新選組の面々、のちほどご紹介したいと思います。
「山本太郎? 名前聞くだけで吐き気がする」そんな方もいらっしゃるでしょう。

「山本太郎は嫌いになっても、それ以外のメンバーは嫌いにならないで」

山本太郎を推せなくても、その他、推せるメンバーがたくさんいるんですよ、ということをまず最初にお伝えしたいと思います。後ほどご紹介させていただきます。

この6年間、国会の最前列、そこでおこなわれる政治、参加しながら見てきた。 どのような政治だったか?  残念ながら、ここにいらっしゃる皆さんをはじめ、多くの人々のための政治はおこなわれていないのが現状。 じゃ、誰のための政治がおこなわれてきたか? 

2013年、その年の初めの国会に、施政方針演説、総理大臣が「私たちはこういうことをやっていきます。」そのように告げるような場で、安倍総理はこうおっしゃった。「世界一、企業が活躍できる国をめざす」結果どうなったか? お言葉の通り、一生懸命、企業の為に、より儲けさせられることはなんだろうかってことが追求された6年間でした。たとえば、企業に対する大減税。 たとえば、金持ちに対する大減税。 たとえば、自分たちのお仲間に対して、 たとえば自分の腹心の友に、60年以上許可されてこなかった獣医学部を開くための国家戦略特区。

たとえば、自分のお友達、自分のブレーンである、その1人である、小泉時代からずっと日本をぶっ壊してきた竹中平蔵さんが、自分たちの仕事を提案し、そしてそれを議論し、そしてそれを受注するというようなことまでやってきた国家戦略特区。他にも、ありとあらゆることが、自分たちのつながりのある人間たちに、いかに忖度できるかっていうことをやり続けた6年間。

入管法の改正で何が可能になったか? 多くの外国人たちをもっと日本の中に呼び込んで、より安い賃金で働く人間たちをこの国に担保しようっていうことを決められた。はっきり言って、法律は何も決まっていない。 今、言ったようなことしか決まっていない。 多くの外国人が日本に入ってきた場合、その人たちの社会保障はどうなるのか。何年にも及ぶ場合、家族は帯同できるのか。そしてどこまでの範囲の職種に拡げられるのかなど、本当に重要なことは何も決まっていない。そのようなものを強行で通した。これによって何が生まれるか。この国にもともと生き、働く人々たちと、あなたよりも安い賃金で働く大量の労働者、この間で分断が起きますよ。

それだけじゃない。今であっても外国人労働者、奴隷労働のような扱いを受けている技能実習生。技能の移転、あなたの祖国に、日本の素晴らしい最新技術を学びに来て、あなたの祖国に持って帰ってください、ということが入り口、建前。でも実際は、雇用の調整弁。とにかく安い労働力を確保したいということで行われてきた技能実習生を見れば分かる。今でさえ奴隷労働。残業代100円切ってる。そんなの普通。

一方で日本人の働き方は、長時間、労働低賃金、普通。サービス残業当たり前。もうすでにぶっ壊されてるところに、さらに安い労働力を大量に呼び込むようなことが決まってしまえば、この国の労働環境、どうなりますか?より低い方に、より働きづらいほうに、よりあなたが壊れる方向に進んでいく。

そう思いませんか? 賃金はより安い方に合わされていく。当然じゃないですか。そんなもの通していいんですか?

今ある政治は、決してあなたのためにある政治ではない。 今ある政治は、はっきりしてる。 小泉時代に騒がれた、歌われた、痛みを伴う改革の後に残ったものは何か? 痛みしかない。疲弊した人々しか残らない。もうボロボロですよ。

一方で野党にも言いたい。 非常に素晴らしいお仕事を、国会内でやってることは知っています。尊敬するたくさんのいろんな先輩たちがいます。私も直接ご指導いただいて、あまりにも荒削りだった山本太郎が、少しましになるくらい、野党側の先輩、もちろん与党にもいますが、たくさん、いろんなことを教えてもらった。でも、議論の入り口に立てば、出口は見える。当然。その入り口、立つ必要はあります。なぜならば、その入管法、この国の労働環境を破壊することにつながるような内容。これは、皆さまに、どんな危険性があるものなのか、ということを、政府側から、いろんな参考人から話を聞く必要があります。 いろんなことが、つまびらかになった。でも、それだけじゃ足りない。なぜか? 
期間が短い。審議に始まってから、採決行くまでの間じゃ、全国、津々浦々の皆さんにまで、今、とんでもない事が起こっているって事を伝えるには、不十分なんです。

じゃあ、私が、野党第一党だったら何をしていたか。こんな例え話、意味がないって思わないでください。 私が野党第一党だったらそういう場面でどういう動きをするか、聞いてください。 私がそういう立場にあれば、採決にいく前に、本気で、体を張って止めます。 本気で体を張って止めるとはどういうことか。ピケを張る。委員会を開かせない。

理事会も開かせない。とにかく国会が、不正常な形になるっていうことを作り出す。 そうすることによって、何が生まれるか?マスコミは取り上げざるを得ない。流さざるを得ない。どうしてか? 国会が不正常だからです。どうして不正常化してるのか、そしてその理由はなんなのかっていうことを、ソフトとして、マスコミが流さざるを得ない状況を作るしかないんですよ。

この国の、この国に生きる人々、元々の労働者をぶっ壊すことであり、外国から来た労働者もぶっ壊すことであり、そしてお互いに分断を生むことであり、衝突を生む。こんなことをどうして、わざわざやるんですか? って。ずっと、経団連が、求めてきたことをやり続けてんですよ。より安い労働力をよこせってことを。そこに逆らえない政治って何なんだ。誰の代弁者なのかっつったら、2013年の施政方針演説に戻った通りですよ。そこにあった通り、企業が、世界一活躍できる国を作る。企業が、世界一活躍できる国を作るためには2つ必要。ひとつ、彼らのコストである税金を大幅に減税する。これは、やった。

ちなみに、入管法改正、その時の国会は1日も延長される事なく、無事終わりました。素晴らしい戦い方をしていた野党の先輩方、本当に敬意を表します。けれども、これ以上やったってしょうがないって、そう思ってんですか? それってどういう意味なんですか? それが通った後に、この国がどうなるかも想像できないのかって、体張って止めろよって思うんですよ。

そして私は1人、牛になる。当然、牛歩やらなきゃいけなくなるんですよ。とんでもない法律を持ち出した、保守を名乗る保身の者たちに対して、異を唱えるためにも、そして、ガチンコで喧嘩をして、次は彼らに託すしかないって、皆んなには力を集めてくれるような野党じゃなく、国会を1日も延長させなかった野党の先輩たちに対する抗議ですよ。それが山本太郎を牛にさせるんですよ。ばかばかしい話かもしれない。牛歩なんて意味があるかどうか分からない。はっきり言って、それで採決やられれば終わりです。でもそれまでに、徹底的に戦い、少数派でもやれる戦い、皆んなに知ってもらう為には、マスコミが流す、流さざるを得ないソフトを作り出す。そういう戦略持って行けなかったら、これ万年野党じゃないかよ、そう思うんです。たたかう野党にしていきましょう。 その為には何が必要か? 国会の中に足りないもの、それは緊張感。 今回の選挙で自民党は、消費税を10%に上げるということを公言し、選挙戦に突入した。これは何を意味するか? 増税を明言して選挙に入ったとしても、野党には負けないって事わかってんですよ。ずいぶん舐められたもんですね、野党の先輩方!

私は、消費税は減税、廃止以外ないと思ってます。当たり前です。皆んなの首が絞まってる。 消費税の滞納は、すべての税金の滞納の内の6割。中小零細壊れ続けてますよ。 皆さん、消費税1年間でどれくらい払ってるか知ってますか? 消費税が10%になったらどれくらいの負担になるか分かりますか? 1年間で、1年間で、10%になれば約1か月分の給料が持って行かれるのと同じなんですよ。 この消費税なんの為にある? 社会保障? とんでもない。2017年の使い道見たらわかる。

消費税3%上げた事によって、手に入れられた税収は8兆円。3%イコール8兆円。この8兆円の内、社会保障にいくら使われた? 政府の元々の約束では、消費税、増税分全て、社会保障の充実と安定化に使うと言った、答え合わせしましたか? 皆さん。3%で8兆円手に入った、そのお金の内、2017年度、社会保障の充実に使われたのは、16%。なめてんのかって話なんですよ。

そしてこの7年間の間、政府がやった事は何か? 4兆円もの社会保障を切ってきた。 ギリギリでセーフティネットでしか、命をつなげない人たちを、より首を絞めるような事をやってきた。もうこの国に生きてる人たちは、生産性でしか測られてない。どれだけ役に立つか? 何を生み出すか? 何も生み出さない者は、生きてる価値がないっていう社会に進んで行ってんですよ。 力、貸してください。止めたいんですよ。死にたくなるような世の中やめたい。シンプルじゃないですか。 生きてて良かったって思える社会を作りたい、当たり前ですよ。あなたは、いてるだけで、価値がある。 そんな社会を実現するために、政治があるんじゃないですか?  そうじゃないんだったら、どうして税金払ってあいつら食わせるんだ。そういう話ですよね。  そんな政治を作りたいんです。そんな政治を作りたい。一緒につくって行きませんか?  だから、小沢一郎さんとやってました。いろいろ勉強させて頂きました。今、独り立ちしたんです。 れいわ新選組、れいわ新選組、山本太郎を含め、10名の仲間とともに、この選挙を戦っていく。 今回の参議院選挙、124人くらいの議席を争うって話です。だったら10人くらい、異端児を送り込んでもらえませんか、皆さん。

山本太郎なんて大っ嫌い。名前なんて書けるはずないって思われる方がいるのも、無理はございません。 なので、私以外に素晴らしいメンバー揃えております。なので、私のことは嫌いになっても、れいわ新選組は嫌いにならないで。という事でこれから、れいわ新選組の面々を紹介していきたいと思います。

あなたの一票いただけるのは非常にありがたい。でも、その一票ではなかなか大きな組織には勝っていけない。だから、あなたおひとりの力を1人2人3人と、このハガキを使って拡げていっていただきたいんです。力貸してくれませんか? それでは、れいわ新選組の面々を皆様にご紹介して参ります。先程も申しました。2013年、6年前。東京選挙区から66万を超える票をいただき、山本太郎は国会へ連れていっていただきました。今回、その東京選挙区から山本太郎は出ません。どこから出るのか先程も申しました。比例代表、2枚目の投票用紙。要は全国から「山本太郎」と書いていただけるような仕組みになっております。じゃあ、山本が以前立った東京は次、誰が立つのか? 素晴らしい人材がおりました。本気の大人です。ガチンコの喧嘩をしに行ってくれる方です。お呼びいたしましょう。野原ヨシマサ!

沖縄創価学会壮年部、現在の創価学会の執行部おかしくないか? 公明党おかしくないか? 福祉の党、平和の党はどこに行ったんだ? だから、立つんだ、野原ヨシマサが。待っていてください。 公明党代表、山口那津男さん、ガチで言論で殴りかかりにやって参ります。野原ヨシマサ!

野原ヨシマサ:
ありがとうございます。ありがとうございます。皆さんこんにちは。こんばんはかな?  こんばんは。この度.れいわ新選組の公認候補としてここ東京選挙区で立候補することになりました。

沖縄の野原ヨシマサと申します。今日はこの場をお借りしまして、今、私が強く感じていることを述べさせてください。まず最初に、なぜ沖縄在住の私がここ東京選挙区で出馬するに至ったかを説明いたします。

それは辺野古の新基地建設の問題について、東京都の皆様にも、また全国の皆様にも、もっと強い関心を持って欲しいからです。日本全国のたった0.6%の面積しかない沖縄に、今70%近くもの米軍基地が集中をしております。もうすでに70%もの基地が集中しているにも関わらず、現在の自公政権はさらに辺野古に新しい基地を作ることを強行しております。しかもですよ、皆さん。今年2月に行われた県民投票では72%もの反対票があったにも関わらず、そのような蛮行を未だに続けております。綺麗な辺野古の海を今、土砂で、土砂で埋めようとしております。絶対許されません、こういうことは!

日米安保条約のプラス面を強調される方々は、そのマイナス面を一手に引き受けている沖縄の現状をもっと真剣に考えてもらいたい。もうそろそろ、沖縄以外の都道府県で、米軍基地を、平等に分担してもらうための、考え方や、議論が、起こってきてもいい頃ではないでしょうか。いつまで、他人の不幸の上に他人の不幸の上に、自分の幸せを築くやり方を続けるつもりでしょうか。そういうことが本当にあって良いんでしょうか? 皆さん。

次に、私が尊敬する、創価学会の池田名誉会長が、沖縄に送られた随筆の一部を紹介いたします。

沖縄から見ると「日本の正体」がよく見える。
今も続く人権無視の重圧。
日本はどこまで紅涙の沖縄を踏みつけに、踏みつけにすれば気が済むのか。
多数のエゴで弱い立場の人たちを、犠牲にするのが民主主義なのか。
人の犠牲の上に安逸を貪るのは人間として恥であり罪ではないのか。
20世紀にどこよりも苦しんだ沖縄を、21世紀にどこよりも幸せにするために、 全身全霊を傾けなければ、日本に正義はない 。
民主主義もない。繁栄が続くこともないだろう。 差別するものは、その不正義の報いを必ず受けるから。

どうですか? 皆さん。心に刺さりますでしょう。どうか東京都民の皆さん、また全国の皆さん、沖縄の痛みを、他人の痛みとしてではなく、自分の痛みとして、真剣に考えてください。切実に希望いたします。

私は沖縄創価学会壮年部の部員でもあります。24歳の時に日蓮仏法に巡りあい、宿命転換の法理に共鳴し、創価学会に入信いたしました。今年で35年になります。ここで現在の公明党の政治姿勢、また公明党を支援する創価学会の社会的姿勢について、私が今強く感じていることを述べさせてください。

公明党の立党の精神は、民衆と共に語り、民衆と共に戦い、民衆の中に死んでいくというのが、立党のの原点であったはずです。しかし今や公明党は自民党と連立政権を組んで以来、20年余りの間に先ほど申し上げた立党の精神を、民衆救済の精神をすっかり忘れ去ってしまった感じがしますが、皆さんいかがでしょうか。公明党が安保法制に賛成した結果、海外派兵出来るようになりました。また現代版の治安維持法と言われている、共謀罪にも賛成しました。立党以来、平和福祉を掲げていた公明党が、戦争を肯定するような法案を通し、民衆を弾圧するような法案を通すということは、どう考えても筋が通らない話だと思いますが、どうでしょうか? 皆さん。
自民党の歯止め役になるはずだった公明党が、今や自民党と一緒になって暴走しております。 また池田先生の平和思想とは、全く真逆の方向に進んでいます。 私は日蓮仏法の信仰者ですが、宗教は人を幸せにする宗教であれば何でも良いと思っています。 しかし、今の公明党を支援する創価学会の宗教が、本当に人を幸せにする宗教だと言えるでしょうか? 私は絶対に言えないと思います。誰しも個人の幸せを願い宗教を求めます。そして創価学会に入って、会員の方が幹部に問いかけます。
「今の公明党おかしくないですか?」 「創価学会おかしくないですか?」 「安保法制も通しましたよね。共謀罪も通しましたよね。おかしくないですか?」 っていう風に声をあげると、たちまち査問され、除名されます。 恐ろしい宗教団体に成り下がってしまいました。執行部の言うことが聞けないんだったら信心なんかやめてしまえ。そんな姿勢ですよ。そしてその次に何をするかと言うと、デマを流します。 「あいつは信心がおかしくなった。反逆者だ。」そんな感じです。 そしてデマを流された人は孤立します。村八分の状態になります。そして、必死こいて築いてきたコミュニティというのは完全に失います。このような、人を幸せにしない宗教が社会的な存在意義があるのでしょうか? 絶対にないと思います。

宗教のもうひとつの大きな役割は、社会とどう関わっていくかということにあると思います。 しかし、今の創価学会の公明党の支援の仕方、皆さんどうでしょうか? このような社会への関わり方が許されていいんでしょうか? 絶対に許されるべきではないと思います。

公民権運動のリーダーとして活躍した、マーティンルーサーキング牧師は次のように述べています。

「最大の悲劇は悪人の圧制や残酷さではなく、善人の沈黙である」という言い方をされております。本当に意味深長な言い回しをされております。ここで私が良識ある創価学会の皆様に問いたい。

いつまで善人の沈黙を続けるつもりでしょうか? 早く目覚めてください。 1日も早く目覚めて、おかしいものはおかしい、間違っているものを間違っていると、勇気を出して声を上げてください。それが信仰者としての本来の姿ではないでしょうか? 

公明党は、もう一度、平和福祉という立党の精神に立ち返ってもらいたい。 創価学会は、もう一度、日蓮仏法のヒューマニズムという精神に立ち返ってもらいたい。 ファシズム前夜の様相を呈している、この世の中を変革するために、私は山本太郎をリーダーとする、れいわ新選組の仲間たちと一緒になって、必死こいて改革に取り組んで参ります。どうか東京都民の有権者の皆様、れいわ新選組の野原ヨシマサ、野原ヨシマサ、ご支持、ご声援、よろしくお願いいたします。 東京選挙区で、なっちゃんとガチンコ勝負いたします。よろしくお願いいたします。

山本太郎:
東京選挙区から野原ヨシマサ!お力を貸していただきたいです。これは決して創価学会の集会ではございません。現在の創価学会の執行部、そして公明党、これがやり方があまりにもおかしいんじゃないのか? 現在の執行部に楯突く者は、これまで、生まれてからずっと育ってきたコミュニティから、無かったものにされる。現在の公明党の方針に対して異を唱えれば、その自分たちの祈る場であったりとか、集まる場に来ないでくれと言われる。おかしくないですか? 

全ての人々が、自分の思う神様を信じ、それぞれの皆んなが、自分の好きな表現を出来、思うことを言える。基本的人権ですよ。現在の創価学会の執行部、そして公明党がやってることは、 これ、日本国憲法の破壊じゃないですか? それに対する挑戦、けして創価学会内部だけの話じゃない。

この国を取り巻く問題のひとつでもあります。そして、そこに対して本当に、一人の大人として一人の人間として、そして池田名誉会長の教えと違うだろってことを心から叫ぶようなまっすぐの方が、ここ東京選挙区から山口那津男さんにガチンコで喧嘩で挑んでくれるんですよ。

こんな面白いことないでしょ。風が吹いてない、面白くない選挙なんてやらしてたまりますか? 面白いな選挙って、面白いな政治って思わして、投票率を上げていきながら、しっかりと刻み込んでいきましょうよ。 東京選挙区はこの人しかいない、野原ヨシマサ!

ありがとうございます。そうです、野原です。野原ヨシマサさんでございます。東京にお住まいの方、ぜひ力を貸してください。2013年に山本太郎に投票してくださった方も、ぜひ、お力を貸していただきたい。

この東京選挙区から本当にこんなピュアな気持ちで、「おかしいだろ」っていうことを、まあ、政権側ですからね。公明党。その辺野古の基地建設の強行という部分もありますが、その不条理を全て地方に押し付けるっていう、体制自体がもうおかしいじゃないですか? 迷惑施設はすべて地方か。原発も基地も。それだけじゃない、沖縄はたくさんの問題を抱えている。例えば子どもの貧困、3人に1人、これ、他の日本全国の倍ですよ。3人に1人が貧困。不条理を押しつけられたばかりでなく、そのような状況も放置されている。これは、国としてしっかり予算措置しなきゃダメですよね。どうしてやらないんですか? 公明党!「小さな声を聞く力」というポスターが公明党のポスターだったんですが、つい最近まで。沖縄の声聞いてへんやないか!って。子どもたちの貧困の声聞こえてんのか!って話ですよ。

東京選挙区でも、間違いなくデッドボールを放っていく、れいわ新選組。その先頭に立つのが東京選挙区、この方です。野原ヨシマサ!ぜひ、この方に託してください。ありがとうございました。

途中から見て何のことか、わからない方、失礼を致しました。マイクを握っている私、参議院議員、参議院議員じゃないかな? 与党にも嫌なこと言うけども、野党側にも言わなきゃいけないことがあるんだったら全部言う。しかも皆んなにバラす。それが今、緊張感のない国会に、緊張感を生ませる。その方法じゃないでしょうか。この、れいわ新選組、山本太郎が立ち上げたれいわ新選組。非常に素晴らしい仲間が揃っています。さきほどの野原さん見ていただいて分かる通りです。

続いての面子を紹介したいと思います。はすいけ透さん。元東京電力社員。本当に骨のある大人。最初に私が旗揚げして、最初にお声掛けさせていただいた方です。この方が最初に一緒にやってくれるって言わなかったら、ここまでこれなかったかもしんない。本当にありがとうございます。れいわ新選組から比例代表で立候補。はすいけ透。

はすいけ透:
皆様、こんばんは。異端児その3のはすいけ透と申します。蓮池薫ではございませんので、お間違いないようお願いいたします。皆さん、山本太郎は比例で出るんだって? えって思われた方がたくさんいらっしゃると思います。私も、びっくりしました。なんだよ東京で山本太郎って書けないのかよと。そうお嘆、きの皆様、お怒りの皆様、山本太郎が先ほど申し上げましたように、ご安心ください。東京はもちろんのこと。全国で山本太郎という名前をお書きいただけます。皆さままず、投票所に行かれて、一枚目に貰う黄色い紙。これは東京選挙区です。そこには、野原ヨシマサと書いてください。次、二枚目に渡される白い紙には、これ比例区です。山本太郎と書いてください。山本太郎って書くのが嫌な方は、はすいけ透と書いてください。
山本、はすいけも嫌だっていう人は、他の比例の候補を書いてください。皆んな嫌だっていう人は、れいわって書いてください。よろしくお願いします。なぜ山本太郎が比例から出たか。退路を絶ったんですよ。背水の陣です。それだけ彼は本気なんですよ。次の選挙ばっかり気にしているような政治屋とは違う。私たちは、れいわ新選組の緊急政策、8つの緊急政策に皆が同意して、皆さんを幸せにするために頑張るという一点で、皆ゆるーく繋がっております。山本太郎に絶対復讐なんか、どっかの党みたいにはしません。皆好き勝手言ってます。でも、そこにあるのは、皆さんを幸せにしたい、それだけです。皆さん、さっき山本も言ったけど。

次の選挙のことしか考えてない自民党、公明党。消費税10%、皆さん容認しますか? 皆さん、愚弄されてんですよ。憲法変える? 総理総裁がそんなこと言ってどうすんですか? 誰もそんなこと望んでないでしょう福島の皆さんを選挙のネタに使うな!と。東北で、人には復興とかいう言葉を使って欲しくない。

とりわけ、福島、東北、絶対使ってほしくない。利用して欲しくないです。まぁ、政治利用って言えばいろいろあります。でも今、政権がやっていることは、年金問題にしろ、少子高齢化にしろ、全部その場しのぎの棚上げ、先送りばっかりですよ。

私たちは次の時代をどうするのか考え、そのためには今、何しようかということを本当に考える政治家になりたいんです。時間があと1分と出ましたが、山本太郎、6年前。もう終わりって書いてある(笑)

山本太郎、今は、6年前は原発反対、今は原発禁止ですよ、原発はもうやっちゃいけない。それこそが裁判所が良く使う「社会通念」です。問題になってるのは核のゴミ、勿論、プルトニウムですよ。プルトニウムが約50トンもある。これ、原爆換算したら、6000発分くらいあるんですね。このプルトニウムをどうすんのか? 政府はずっと「もんじゅ」で燃やすつってた。「もんじゅ」ってありましたね、原発。「もんじゅ」の前に「ふげん」ってあったんですよ。私の親友の住職は「ふげん」、「もんじゅ」と来たら、次は「しゃか」かって言ってました。「ふざけんな」と。そしたら「もんじゅ」釈迦になっちゃいましたよ。「もんじゅ」がお釈迦んなったんです。ずーっと「もんじゅ」でプルトニウム使って減らしますって言ってたのが、なくなった。じゃあ、どうすんですか? そういうことを真剣に考えなきゃいけない。東京電力は福島の廃炉を一生懸命やんなきゃいけない。私はあそこの福島第一の原発で働いたことがあります。実は東電社員でした。あそこの廃炉は今世紀中には終わりません。私はこれ、断言してもいいです。ですから、東京電力は廃炉に専念すべきなんです。皆さん考えてみてください、あの事故で悲劇的な莫大な代償を支払ったんです。それ、東電は借金してるんです。原発事故で抱えた借金を原発再稼働で儲けて返す、こんなふざけた話あると思いませんか? ないと思いませんか? 間違いました(笑)。最後に、終わりと出ましたが、1個だけ。

私は新潟に住んでいます。皆さん良くご存じの塚田忖度さんが立候補されてます。 自民党は相当焦ってるんでしょう、おとといは安倍さん、昨日は、あ、ごめんなさい、おとといは麻生さん、昨日は安倍さん、今日は菅さん、大物がどんどん新潟入りしてます。で、何を言ったか? 塚田さんは横田めぐみさんの1年先輩、拉致問題、精一杯やってる。拉致問題を精一杯政治利用してる人が、そんなもてはやしちゃって嘘に決まってんじゃないすか、そんなこと。なんで総理大臣が演説したら、日の丸振るんだよ。おかしいと思いませんか? それを明日、新潟行って話すつもりだったんですけども行けなくなりました。 とにかく私たち皆さんの、皆さんを幸せに、これをモットーに頑張って参ります。

あぁ、某野党に断られました。来るなって言われました。某野党です。はい、ということで、またぞろ新聞が競馬新聞みたいになってきました。どこが優勢、ここは落ち目、何やってんだと思います。皆さんそんな予想には惑わされないでください。結局、れいわの旋風ってなんだったんだみたいに言われたら困ります。我々仲間内で盛り上がっているって思っているんじゃないかと思いますけど、もっともっと我々の仲間を拡げていきたい。

山本太郎:
(そのままで、そのままで)ありがとうございます。山本太郎が旗を揚げた、れいわ新選組。その最初のメンバーに加わってくれた、はすいけ透さんです。比例代表、全国のどこからでも、はすいけ透とお書きいただけます。原子力の専門家。東電でそれをやってきたんですよ。そのスペシャリストが言う。原発はやめなきゃなんないって。当たり前だろってことですよ。南海トラフがくるんだろって。耐えられるはずない。選挙に出るためには非常にお金がかかります。例えば東京選挙区から出るには、入場料だけで300万円。むちゃくちゃですよ。

そして今回のように9人のメンバー、比例という、比例代表という戦い方を、私たちみたいな国会議員、国会に一人しかいないような枠組みの人たちが使うためには、全部で10人の枠組みでやらないと比例代表で戦えない。野原さんは選挙区だが、あとの9戦ううために比例代表で立つために、この10人が立候補しなきゃいけない。比例代表は一人いくらかかるか? 入場料だけで600万。ありえないでしょ。普通の人、選挙で自分が国会議員になろうと思っても無理ですよ。新規参入お断り。俺たちの縄張りに入ってくるな。そういうことが選挙の入り口から作られてるわけです。

じゃあ、私たちはそれをどうやって乗り越えたか。皆さんからの寄附です。4月10日から旗揚げして、この2日前に、2億5000万円を皆さんから助けて頂きました。本当にありがとうございます。数日分のおかず代1000円を節約して、何とか入れてくださった方。今日の何かを我慢して500円託してくださった方。たくさんいらっしゃいます。裏切れるはずありませんよ。もちろん裏切りません。地べた這いつくばってでも皆さんのお役に立てるように、1番ややこしい集団になってやりますよ。

(観衆:おー! がんばれー!)(拍手)

山本太郎:
ありがとうございます。それが、れいわ新選組です。その、れいわ新選組。他にも素適なメンバーが揃っております。元々はエリート銀行マンだった。海外の支店を渡り歩いた。そして老後のことを考えて脱サラをして、コンビニのオーナーになった。ところがそこには大きな搾取のシステムがあった。その怒りの声を聞いてください、三井よしふみー!

三井よしふみ:
三井よしふみです。すいません、タスキが間に合っておりません。だから、この顔覚えて、後でれいわのホームページで名前確認しといてください。今日は時間5分って言われちゃったんで、私は今日の怒りだけをちょっと伝えていきたい。昨日、夜、私のLINEに私の知り合いのオーナーから警告文貰ったって、セブンイレブンから警告文貰ったって、私んとこ来ました。7月11日に夜、閉めたい。体きついの知ってるんだ、私は。十数年前に知り合って、彼はね、親父さんと二人で酒屋だったところをセブンイレブンを始めて、田舎でやってた。その時会った時は結構筋骨隆々だったんだけど、この前久しぶりに会ったらえらい痩せてたんだよ。病気なんですよ、彼は。彼が1日だけ深夜営業やめたいって言って、なぜセブンイレブンは警告文なんか出すんだよ。あれだけひざを、ひざ詰めで話して、24時間見直すっていってるのに、たった一人の田舎の店が休んで、何で警告文なんだ。そういう、そういう、弱いやつをいじめて平気な会社は潰して欲しい。

もうひとつ言いたい。コンビニだけじゃない、誰が言い始めたか、勝ち組、負け組。誰が決めんだ、そんなこと。今日Twitter見てたら、山本太郎さんが、税金は持ってる人から取ろうと言っている。金持ってるやつが言ってきたよ。怠けてるやつから取りゃ良いじゃないかって書いてあるんだよ。皆んな怠けてないよ。一生懸命ここにね、ゴミもない、ね、歩道をね、歩いてもつまづく事がない。電車だって遅れない。水だってちゃんと出る。ゴミの、ゴミ収集車が必ずくるでしょ。人が怠けてるから金が足りないのか? 違うぞ。

金持ちに言いたいよ。あんたが食ってるもの着てるもの、誰が作ってんだ。皆んなが作ってんだよ。ただ、ただ、金持ちがラクできる仕組みが出来上がっちゃってるだけなんだよ。皆んな一生懸命働いてんのに、何年間も給料下がってんだろ? おかしいじゃないかよ。実を言うと、金持ちはデフレが大好き。金が1億10億あってもデフレだとそれ減らないの、分かるでしょ? 物価が下がるんだもん。だけどもそうじゃない人は、毎年毎年給与下がってるじゃないか。そんな奴らに大きな顔させる社会はもうやめませんか? 日本は支え合う国だったんだ。誰かが勝ったか負けたかなんかそんなこと言ってない。

ちょっと待ってね、5分だから、ごめんね。あ、少ないわ、本当の時はもっと喋るからね。今日はね、本当にね、ちょっと言い足りないところがあるけど、最後に一言皆さんにお願いしたい。こういう社会、誰が作った? 野原さんも言ってたけど、沈黙が作ってるんですよ。沈黙が。政治なんか自分らと関係ないと思ってた。昔はそれで良かったかもしれない、高度成長期は。いま違う方向に行ってるんだ。権力と金持ってるやつが持ってないやつをね、収奪するシステムが出来てるんだから。いま沈黙してる人たち、反撃しようじゃないか。それをやるのはれいわ新選組なんだよ。山本太郎さんと会う前は、私は皆さんとそっち側にいた人間だよ。政治なんかやるなんて思ってなかった。でも皆んなから言われて、やっぱり沈黙は敵だ。皆さん選挙の時、れいわ新選組、絶対書いてくださいよ。字、間違えないように書いてくださいよ。でも少し間違っても大丈夫だって聞いてるから、ひらがなのれいわだけはちゃんと書いてください。またお会いしましょうどこかで。皆んなで広く横に広めてください。若者の夢のある国にしたい。れいわ新選組です、よろしくお願いします。

山本太郎:
本当に傷ついたから、本当に奪われ続けてきたから分かるんですよね。皆んなそんな人多いじゃないですかって。今勝てているの一握りだけですよ。今勝てている人、いつまで勝ち続けられるんですか? 勝ち続けられなくなった時に、あなたも同じような状況になりますよ。誰も手を差し伸べてくれないような社会のままだったら、こんな嫌なことないですよね。今日あなたがたとえ勝ってたとしても明日はわかんないですよ。明後日だってわかんない。私も同じ。あなたがどんな状況にあろうと困った時には、いや、つまずく前に、手を差し伸べてくれる政治であってほしいし社会であって欲しい。それを作りませんか、一緒にっていうお誘いなんです。力を貸して欲しい。どうか、三井よしふみさん、この人を国会に連れていきたいと思った方は、2枚目の投票用紙に三井よしふみとお書きください。全国どこからでもお書き頂けます。三井~よしふみ~!

ありがとうございます。本当に素晴らしい候補者の皆さんがですね。揃ってきました。もう、濃いでしょ。アベンジャーズ? エックスメン? いろんな声ありますけれども、本当に色濃い、一人一人が政策です。 本当に、こんな面白い選挙にしていく、もっと盛り上げていきましょう。したら、もっともっと、野党も、与党も面白くなってきますよ。続いてのご紹介します。やすとみ~歩さん!

やすとみ歩:
こんばんは、やすとみ歩です。今回比例区から立候補させていただきました。たくさんの方のがなければ、こういう場に立つことはできませんでした。

本当にありがとうございます。それから、私自身がですね、馬を使った選挙やろうと思って、今一生懸命準備しています。そのための寄附もですね、自分で集めさせて頂いていて、そちらにもたくさんの寄附をいただいております。本当にありがとうございます。これで、皆様を勇気づけられる選挙を戦えると思います。

今日はですね。私は学歴差別という問題について、皆さんにもう一度意識を向けて欲しいと思います。 私たちの国には差別はあってはならないとされていますが、皆んなが公然と認めている差別があります。それが学歴差別です。いい学校に入った人はいい目にあって当然で、いい学校に入れなかった人はいい目に合わなくて当然だという差別が公然とこの国には認められています。ほとんどの人が学校に行こうとするのは、学校が好きだから、でも勉強したいからでもありません。学歴差別の差別する側に回りたいからなんです。

特に大学は、大学に行くか行かないかで大きな差別があると信じられているので、多くの人がたくさん、高い学費を払って進学しています。しかし、学歴差別をされたくないから、出来たらする側に回りたいから大学に入るというのでは、そんなところで学問が成立するはずがないんです。

こういう構造的問題を放置したままで大学を教育機関としてどうやって機能させるかという改革を繰り返しても意味がありません。私が大学の教員になってから、学生になってから、それからずっといろんな形で大学と関わっておりますが、良くなったことは何ひとつありません。

以前は、大学は暇なところでした。暇だったから、学生は学生同志議論できたし、先生も先生同志議論できました。でも大学の教育の水準を高めたり、研究の水準を高めたりすると称して様々な改革がおこなわれました。その結果、大学教員は、過労死するほど忙しくなってしまい、学生の面倒を見ることはできなくなり、学生は授業に出たり単位を取ったりするのに忙しくなって、友達同志議論する暇もなくなりました。 こんな状態で教育や研究を推進するのは不可能なんです。

大学院重点化という制度改革があったことは皆さんあまりご存知ないと思うんですが、現在大学は大学院、国立大学は特に大学院が膨張しています。そのために私が京都大学の経済学部の修士課程に入った時、同じ学年の仲間は7人くらいだったんですが、今では何百人も1学年に入ってきます。そのうちかなりの人が博士課程で進んで、博士号を途中で取れなくて辞めてしまう人、あるいは博士号を取っても就職できない人が膨大な数生まれています。10万単位だと言われています。

一人博士号を生み出すのに税金が3千万円くらい使われると言われているんですけども、そうやって生み出された膨大な博士たちが職がなくて苦しんでいます。
いったい何のためにこんなことをしているのか、私には理解できないですが。そうやって人々が、その地獄のようなルートに飛び込んでいくのも、やっぱり、学歴差別という大きな差別がですね、公認されているからだと思うんです。そうやって莫大な奨学金を、大学生や大学院生に背負わせて、その人生を台無しにしてしまっています。その多くは、有利子奨学金なんです。

こんな恐ろしいことは、やめるべきだと思うので、私は、れいわ新選組の掲げている「奨学金徳政令」っていうのは、本当に大事な政策だと思っています。せめて奨学金くらいは、チャラにしてほしい。そして、大学も、高校も、中学校も、小学校も、学びの場にしたいと思うんです。学歴差別なんかやめましょう。学校には人々が集まって、議論して、知識を生み出していく。新しくつながりを生み出していく。そういう空間でなければ、意味がありません。

昨日、荻窪の小学生に聞きました。学校で嫌なことは、宿題が多すぎる、休み時間が短い、友達とあんまり遊べない、そうことが嫌だって言ってました。そしてご飯を食べられないのに、学校に来てる子がいるんだ。「そういうご飯の食べられないことがたくさんいるんだよ」って言ったら、「どうしてそういう子たちにご飯を食べさせてから、学校作らないの? 」と聞かれました。本当にその通りだと思います。

小学校、中学校は、子どもを守る基地にしてください。高校や大学は、本当に、知識を広めたい、学びたいという人が来て、自分で自分の知識を増やしていく。要らない知識を押し付ける場ではなく、自分で知識を生み出していく空間にしてほしいと思います。そのための第一歩として「奨学金徳政令」をやりましょう。ありがとうございました。

山本太郎:
学歴差別はやめなさいと。ね。本当にその先頭に立たれてます。なぜならば、東京大学の教授が、中卒と一緒に、組んでんですよ。ドリームチームです。(有利子奨学金を)なくしましょう。ありがとうございます。ありがとうございます。やすとみ歩さん、比例代表で出てくれてます。この人、気に入ったって方は、ぜひ、やすとみ歩と、歩と、全国で書いていただきたいと思いますが、まだまだ続きます。

続いて辻村ちひろさん。環境NGO職員。国会などで何度も証言してきた方です。よろしくお願いします。

辻村ちひろ:
皆さんこんばんは! 時間が押してます。巻けと言われてますので、ちょっと今日は、短めにいきたいと思います。私は自分の政策として、いつも掲げてるのは、日本1個分の暮らしをしましょう、ということです。日本の大地、日本の土、日本の緑、日本の森、日本の海、その恵みで日本人が生きていく、そういう自然とのつながりを取り戻したい。それが僕の政策です。必ずできると思っています。

そのためには第1次産業、農業もそうです。漁業もそうです。それから林業もそうです。これをきちんと立て直す。大規模な企業がやるようなものじゃなくて、ね、漁業の漁師のおじさん、林業の山のおじさん、農家のおじさん、おばさん、こういう人たちが、普通に毎日、せっせと丹精込めて作る作物を、僕たちは楽しむべきなんです。外国から何でもかんでも手に入る。こういう搾取をする文化。搾取をする経済。もうやめませんか? 日本1個分の暮らしです。これをぜひ、僕の名前より、広めてください。

えっと、もう一つお話をします。本末転倒という話です。僕は、辺野古の海も守りたいです。あそこにはジュゴンが生きていた。でも、残念ながら、埋め立て工事が進んで、あそこの海はどんどん悪くなっている。でもその沖縄は今、世界自然遺産を目指しているんですよ。世界自然遺産です。
で、今土を埋めているのは沖縄の中で移動していますけど、今度、次、奄美大島から持っていくんです。そういう計画があります。奄美大島、ここも世界自然遺産を目指してます。

おかしくないですか? 世界自然遺産っていうのは、世界中に、ここの自然を僕たちは、ずっと孫の代まで守り続けるという約束なんです。その約束を、指定をしようというところで、何であんな自然破壊が起きるんでしょうか。おかしくないですか? 本末転倒じゃないですか? そういうこともやめたい。

それから、日本の自然、森、そういったもの伐開して、そうやって作る再生可能エネルギーって、持続可能ですか? 違いますよね。再生可能エネルギーは、もっと他でできる場所がいっぱいある。例えば遊休農地。休んでる農地。たとえばソーラーシェアリング。そういった技術があるのに、なんで山を削るんですか。その電気は誰が使うんですか。僕たち都会人です。田舎で、林業を細々とやってきて、うう苦しいっていう人たちの土地を、安く買い叩いて、都会の利便性を高める、こんな本末転倒なこともやめませんか。

誰1人悲しまない、誰1人苦しまない、そういう社会にしませんか。それが実現したとき、僕は自然保護が実現すると思っています。

ぜひ、ぜひ、力を貸してください。ぜひ、国会に送ってやってください。で、僕が胡散臭いと思う人は、全国比例山本太郎と書いてください。もし興味があって、ああ、こういうやつを送り込んでみたい、名前を書きたいと思ってくだされば、ぜひ、辻村ちひろと書いてください。よろしくお願いします。またどっかで演説させていただきます。ありがとうございました。

山本太郎:
ありがとうございます。本当に私の国会質問、環境分野にかかわるものとかも監修していただいたりとかしました。この人が、本当に、今、国会に必要。辻村ちひろさんです。ええ。そんなこと言わないでください。よ。「私が胡散臭い」って。何を言ってんですか。こんな信用できる人いませんからね。ぜひ、ぜひ、比例代表で、辻村ちひろ。ありがとうございます。

いよいよ、終盤に入って参りました。山本太郎が旗揚げをしたれいわ新選組。皆さんのご寄附、2億5000万円をもとに10名の候補者を出すことができました。順次、今、皆さまにご紹介をしていましたが、今日、ここの場にいらっしゃっているメンバーの中では最後の方です。泥水をすすって生きてきた、貧乏人のど根性を見せてやる。渡辺てる子。

渡辺てる子:
新宿の皆さん、こんばんは。渡辺てる子です。どこのおばさんだと言われたら、私はこう答えています。貧乏の総合商社、貧困のデパートです。最近では日本のスーザンボイルと言われてますんで、ひとつよろしくお願いいたします。ありがとう。ありがとう。ありがとう。ありがとう。ありがとう。

最近、年金問題が取り沙汰されていますけれども、ここで、笑点流に大喜利をひとつ。「年金」とかけまして「砂漠の中の蜃気楼」と解きます。その心は「遠くに見えるけれど、近づいたら何もない」。お粗末。なんでか。ね、年金。もらう金額も減る。もらえる年齢もだんだん、だんだん遠のいていく。挙句の果てに人生100年生涯現役? 死ぬまで働けってことですよ。年金は、制度はあるけれども、払うだけ払わしといて、もらえる段になったら、もう働きすぎでお陀仏。こんな社会に誰がした。こんな社会は我慢できない。我慢できないんだったらどうする? 一生に一度しかない人生、諦めて我慢して暮らすんですか?

どこの党に投票しても同じ。誰がやっても同じ。そんなのは違うからね。どこに投票すれば分からないって言うんだったら、れいわ新選組に入れて。よろしく。そして、この中で、道楽みたいに働いて、働いてるのが楽しくってしょうがなくて、お金がザクザクって言う人いますか? いないよね? だってこの新宿、毎朝、お葬式に行くような、皆んな暗~い顔して、満員電車に揺られてますから、ご愁傷様!私もその一人でした。職場に行けば、上司にパワハラ!部下には馬鹿にされ、家に帰ったら母ちゃんからも馬鹿にされ、そんなご主人多くないですか? でもお母さんだって大変なんだよ。スーパーのパートで、自分の息子くらいの新入社員の店長に、手取り足取り教えてあげて、その何もわからない世間知らずのお兄ちゃん店長は、ボーナスもらって偉くなるのに、パートのおばちゃんの私みたいな人間は、何十年勤めたって万年パートだから、ね。

私なんて、派遣で17年勤めても、1銭も退職金もらえませんでした。そして、その働いている間だって、ボーナスも手当もないし、交通費だってもらえないんです。なんでか? シングルマザーだから。シングルマザーで子どもを育てながらだと、正社員みたく働けないからなんですよ。でも子ども2人、私、2人なんだけど、養って育てていかなきゃいけない。自分が稼がなきゃ誰が稼いでくれる、誰が養ってくれる、そういう暮らしだったんです。そういう明け暮れで、人生の半分以上を過ごしてきました。その挙げ句に、死ぬまで働け、年金はないだ? 物価は上がる、消費税は上がるだ? 

冗談じゃないよ。冗談じゃない。ね、マジだよ。ガチだよ、もうブチ切れようよ、皆んなで。どこまで皆んな我慢強いんですか? その我慢強いパワーを、今度は怒りに変えましょうよ。そうしたら変わるよ。皆さんが変えるんだよ。一緒に変えるんだよ。すごいよね、皆さんが歴史を作るんだ。私も一緒に作りたいから、一緒に変えましょうよ。

それには、具体的には何をすればいいか。簡単です。れいわ新選組に入れてください。山本太郎さんに入れてください。野原さんに入れてください。そして、日本のスーザンボイルの、渡辺てる子に入れてください。

今、この空間こそが、私たちのユートピア。でもここで終わらせることなく、ずーっとずーっと皆んなで言いたいこと言って、頭きたことは、頭くると。変えようと思えるような社会を作りましょう。作りますよ。やれるからね。皆んな希望を持ちましょう。今こっからがスタートだ。突っ走ろう。頑張ろう。絶対勝ちます。国を変えよう、政治を変えよう、永田町、霞が関を絶対変えよう。やろうね~。頑張ろう。頑張ろう。頑張ろう。イエーイ、イエーイ。

山本太郎:
れいわ新選組の最終兵器、彼女。渡辺てる子。夜になったらエンジン掛かりましたね。昼間ちょっとお疲れ気味でしたけども、夜になったら「イエーイ」とか、言って出てきて。びっくりしました、本当に。お休みください。ありがとうございます。ありがとうございます。比例代表、渡辺てる子。泥水をすすった人生だったから、あなたには泥水をすすらせない。そんな政治をやって参ります。渡辺てる子さんでした。ありがとうございます。

どうですか、皆さん? なかなか濃いメンバーでしょ? もっと濃い人いるんですけど、今日は来てないだけなんです。これだけ濃い人たちが国会に行ってごらんなさい。そりゃ騒ぎですよ。皆さんのために、地べたを這いずり回るように、しっかりと仕事して参ります。与野党の間に緊張が生まれるようにしっかりと、中で起こってる事を皆さんにバラします。はっきり言って、誰一人、キャラ被ってません。ひとりひとりが政策なんだ。それが新選組です。ぜひ、お力を、お貸し願いたいんです。

では具体的にどのような形で、私たちれいわ新選組にお力をお貸し、どのような形でお力を貸してくださいということを言うのかと申しますと、先ほどから言っておりますピンクの封筒、ピンクの封筒必ずお持ち帰りください。このピンクの封筒にはハガキが入ってます。これは公職選挙法、上許されたハガキです。公選ハガキ。このハガキ、裏をめくると宛先、宛名がまだ書かれていません。ここに、あなたのお友達、ご家族、ご親戚いろんな方々、そういう方を紹介していただきたい。その方々の住所などを書いていただき、そしてもう1度この封筒に戻していただきたいんです。戻していただいたあと、ポストに投函してください。それが私たちの事務所に届きます。届いたあとこの御紹介していただいた方々に、チラシを送ったりとか、ということで、あなたからあなたの1票が、2票、3票、4票と広がっていくようなことをやっていかなきゃ、勝てないんです。あなたの1票、これも非常にありがたいものなんですけれども、その1票じゃ勝てない。向こうは組織なんですよ。ここを、越えていくためには、あなたから、さらに拡げていただく、草の根をやっていかなきゃなんないです。

テレビでは映されません、我々。見たらわかるでしょ、言ってることも、放送禁止物体です。今、取材に来てくれてるマスコミたちも一生懸命映してくれてますが、流れるのは選挙速報の時。つまり、選挙が終わった後やん、それ。わかりませんよ。この先、ぐんぐんいったとしたら、これ話題になって、途中から流し出すかもしれません。その勢いをつけていく為にも、必ずお願いします。力を貸してください。決してあなたの期待を裏切らない、濃い濃いメンバーが、政治を更に面白くしていく、そしてあなたの生活を引き上げる。それがれいわ新選組です。

そしてもうひとつ、私たちに力を貸してくださる方がいらっしゃるんだったら、どうか、ボランティアで登録してもらえませんか。 今日ここで。カラーコーン置いたりとか、この封筒を配ったりとか、色んなことやって下さってる方、皆さんボランティアです。ボランティアの皆さんがいて下さるから私たちがマイクを握り、お願いしますということが言える。ぜひ、あなたもボランティアとして登録していただけませんか。

外に出る仕事だけじゃない。事務所の中で、チラシに証紙を貼るとか、それを折るとか、いろんな仕事があります。電話掛け。この10人のグループで、全国で戦うためには、もっともっとたくさんの皆さんのお力が必要です。ぜひボランティア登録、今こちらで、どちら? そちらで、エスカレーターの近くでおこなっております。ボランティア登録も受け付けております。そして先ほどの封筒もそこでお渡しております。どうかお力を貸してください。時間がないからそこで受付は無理だという方がいらっしゃるならば、お家に帰ってからでも結構です。電車の移動の間でも結構です。ネットで、れいわ新選組と検索すると、れいわ新選組のホームページがございます。

そこには政策など色んなものもございますけれども、ボランティア登録もできるようになっております。そしてこれが一番お願いしづらい事。お金ください。あなたの生活を楽にするっつってんのに、お金くれてどういうことやねんてことですね。矛盾がはらんでおりますけれども、でもこれはですね。現在の選挙のシステム、あまりにもお金がかかりすぎるというところがネックになってくるわけです。

既に4月10日に旗揚げをしてから、2億5千万円のお金をいただきましたが、ここからさらに、今、大政党がやっているような、例えばオーロラビジョンに映し出すとか、例えば地方のコマーシャルで流すとか、例えば新聞の折り込みにチラシを入れていくか、そういうことに関してもお金があればできる。

今は無理です。もし、あなたの無理のない範囲でできるならば、ぜひ、お力を貸してください。お金がすべてじゃないですよ。お金じゃなくても、ボランティアとして、マンパワーを皆さんに注入していただけることもあります。何かしら、皆さんのお力をお借りできませんか? 例えば先ほどの封筒。何かある。乗っかってください。この壮大なゲーム、ね。このとんでもない閉塞状態の日本に、風穴を開けられるようなメンバーもう一度ご紹介します。

どうぞ皆さま、ややこしいメンズの皆さま、どうぞ。はすいけ透さん、三井よしふみさん、やすとみ歩さん、野原ヨシマサさん、辻村ちひろさん、渡辺てる子さん、もうちょっと前、出ます? 皆さん。光が当たらへんのかな? いけるか。はい、どうですか? ややこしいですよ、この人たち。皆さまの権利のために、皆さまの生活のためにしっかりと戦って参ります。お力を貸してください。れいわ新選組。

東京選挙区は、野原ヨシマサ。そして全国からお名前を書いていただける比例代表は、はすいけ透、三井よしふみ、辻村ちひろ、渡辺てる子、やすとみ歩、そして、山本太郎。ありがとうございます。力を貸してください。楽しみましょう、選挙。真剣に考えましょう、政治を。何よりも、東京にお住まいの皆さん、とにかく勇気を振り絞って、ありがとうございます。創価学会執行部公明党、今、間違ってるってことを、本物の創価学会員が戦いを挑む、夏の東京選挙区。必ず注目していただきたい。野原ヨシマサ。ガチンコでやりにいくぞ、待ってろよ、公明党。山口那津男。

楽しんでください。人の喧嘩ほど面白いことはない、そう、選挙だからって遠慮することはない。皆んなで楽しめばいいんだ。横に広げてください。皆んなに広げてください。れいわ新選組をどうかよろしくお願いします。そしてこの後ですね。ご希望される方と皆さんとで写真撮影を、しない? できない? 次のところか、そうか。すいません。次のとこに移動がありました。すいません。音を出さなくても選挙運動できるので、音を出さない選挙運動、これからやりに行くんですね。すみません、勝手に撮ってください。写真ね、選挙中は、ほぼ、先ほども言いましたけど、肖像権ございませんので、お気の召すまま、そしてSNSなどで拡散してください。新宿にとんでもないグループが占拠してマイク握ってたぞと、これ面白いことになるんじゃないか、などなど呟いていただくなど。

皆さんの中で、なかなか政治の話しづらいってことがありましたら、ぜひ、そうやって扉をノックしに行っていただきたいと思います。ぜひSNSでご拡散を願いたい。そして何よりも、このピンクの封筒、ピンクの封筒をお持ち帰りになっていただいて拡げてください。草の根でやっていきます。これしかないんです。でも草の根が1番恐ろしいそういうことを伝えて参りましょう。企業にコントロールされる政治はもう終わり。これからは私たちひとりひとりがコントロールする政治なんだ、それをここから始めませんか? それがれいわ新選組だ。ありがとうございます。ありがとうございました。

東京選挙区、野原ヨシマサ、比例代表は、はすいけ透、三好よしふみ、辻村ちひろ、渡辺てる子、やすとみ歩、そして山本太郎、力貸してください。

とにかくピンクの封筒をお受け取りください。
ありがとうございました。

※最善を尽くしておりますが、なるべく早く皆さまにお届けすることを優先するため、若干の誤字脱字はご了承ください。

\シェアしてね!/