東京電力のホームページに書いてある「2度と事故は起こさない。福島の復興なくして改革、東電の改革、存続はない。賠償については社員1人1人は真摯に行ないます。」皆んな嘘じゃないかと。私はそう思ったから、山本太郎とともに、オンラインで声を発している、あるいはいろんなところでお話させていただいている。そうではなくて、国政の場で、この訴え、原発即時禁止。被ばくはさせない。本当の意味での福島の復興、これをやりたいがために、このたび、声を上げております。そのことについて、今日は、福島の皆さんにお許しいただきたい。許していただけますでしょうか。

「れいわ祭2」19.7.19 東京・東京・新橋駅SL広場【はすいけ透】
記者会見 ダイジェスト (2分21秒)
記者会見 全編 (44分11秒)

経歴

元 東京電力社員
元 北朝鮮による拉致被害者家族連絡会事務局長
生年月日:1955年1月3日

東京電力で32年間原子力関連業務に従事した経験から、原発現場の実態を伝えるとともに、福島第一原発事故を当事者目線で分析、考察。原子力の廃止を訴える。

著書

「奪還 引き裂かれた24年」
「奪還第二章 終わらざる闘い」(以上、新潮社)
「拉致 左右の垣根を超えた闘いへ」
「私が愛した東京電力」(以上、かもがわ出版)
「拉致被害者たちを見殺しにした安倍晋三と冷血な面々」(講談社)
「拉致と日本人」(岩波書店)
「告発」(ビジネス社)

SNS

Twitter
https://twitter.com/1955Toru
Facebook
https://www.facebook.com/toru.hasuike.1

\シェアしてね!/