今回の選挙、東京選挙区がむちゃくちゃ熱いんです。ご存じでしたか? なぜ東京選挙区が熱いか。ここ東京は公明党の代表の山口那津男さんが立たれています。 (中略) 公明党の代表に直接、勝負を挑むという勇気を持った候補者が立候補してくれることになりました。山本太郎が東京選挙区を明け渡し、この方に託したいと思った方。東京選挙区、野原ヨシマサ。

「れいわ祭」19.7.12 東京・品川駅港南口 山本太郎演説より
現役創価学会員が公明党代表とガチ喧嘩 (8分32秒)

皆さん。自公連立政権ができてから、本当に世の中ダメになりましたよね。平和、福祉と言いながら、安倍の悪事の片棒担いで、ここまで世の中ダメにしてきましたよ。だから、政治改革するための手っ取り早い方法は、公明党を潰す事です。本当、言葉が悪いんですけどね。言葉は悪いんですけど、ほんと潰さないといけない。これ私が勝手に言ってることじゃないんです。池田(大作)先生がそう言われてるんですよ。公明党の前身であるですね、公明政治連盟を池田先生が立ち上げたときに、こう言われました。「将来公明党が政権になびいて立党の精神である平和福祉を忘れた場合には、そして国民をいじめるようになったときには、その時には遠慮なく潰していいよ」って言われたんです。だから、私が勝手に言ってるんじゃないんです。池田先生がそうおっしゃってるんですよ。

「れいわ祭」19.7.12 東京・品川駅港南口

いいですか。ここで私は、学会の方々に訴えたい。創大(創価大学)生、なにしてんだよ。学園生なにしてんだ。真誠の池田門下生、なにしてんだ。いつまで臆病風に吹かれて、尻込みしてんだよ。立ち上がるのは今だろう。創大生、学園生、真誠の池田門下生、立ち上がるのは今だろう。池田先生の大恩に報いるのは、今だろうがぁ。池田先生の仇を打つのは今なんだよぉ。今、立ち上がらなくて、いつ立ち上がるんだぁ。創価の変革、これですべて、日本が変わる。池田門下生、今すぐ立ち上がれ。前進、前進、前進。前進、前進、前身。以上でございます。ありがとうございました。

「れいわ祭」19.7.12 東京・品川駅港南口
【字幕入り】政見放送 (5分38秒)

日本全国のたった0.6%の面積しかない沖縄に70%近くの米軍基地が集中しています。
もうすでに70%近くの基地があるにも関わらず、現在の自公政権は、さらに辺野古に新基地を作ることを強行しています。
しかも、今年2月に行われた沖縄県民投票の際に72%もの反対投票があったにも関わらず、このあり様です。
日本安保条約のプラス面を強調される方には、そのマイナス面をいってに引き受けている沖縄の現状をもっと真剣に考えてもらいたいと思います。
もうそろそろ米軍基地の受け入れを沖縄以外の都道府県に平等に分担してもらうための考えや議論が起こって来てもいい頃ではないのでしょうか?

政見放送・れいわ新選組 野原ヨシマサ(東京選挙区)

次に消費税ついてですが、消費税は廃止すべきです。消費税を廃止することで物価は下がり、実質賃金は上昇し、景気は回復します。6年後には1人あたり賃金が44万円アップします。
財源は大企業優遇税制の廃止と法人税の累進化で十分にまかなえます。それでも足りない時は、為替取引税また金融資産課税でも、50兆円以上は税金ですぐに創ることができます。
民衆を苦しめる社会の不条理と戦ってこそ、真の政治家です。
最も苦しんでいる人に救済の手を伸ばすことこそ政治の原点です。

政見放送・れいわ新選組 野原ヨシマサ(東京選挙区)
街頭演説 7/5 新橋駅SL広場 (4分50秒)

沖縄創価学会壮年部
生年月日:1960年1月16日

そもそも公明党の立党精神は
①大衆とともに語り
②大衆とともに戦い
③大衆の中に死んでいく。
というのが原点であったはずです。

しかし、公明党は自民党と連立を組んで以来、20年間に権力の旨味にどっぷりと浸ってしまい、今やそのような民衆救済の精神をすっかり忘れてしまった。

公明党が安保法制に賛成した結果、海外派兵できるようになり、また現代版の治安維持法といわれる共謀罪にも賛成しました。立党以来、平和福祉を掲げてきた公明党が、このような戦争を肯定するような法案を通し、民衆を弾圧するような法案を通すことはおかしいと思います。

これだけ世の中が悪くなった根本的な原因は、キャスティングボードを握っている公明党と創価学会の変節にあります。解決のためには創価を変革し原点に戻す以外にありません。

ファシズム前夜の様相を呈している現今の社会を変革するため、またこの世から不幸と悲惨をなくすため、山本太郎をリーダーとする「れいわ新選組」のなかまたちと力をあわせ頑張っていきたい。

SNS

Twitter
https://twitter.com/victory51565059
Facebook
https://www.facebook.com/yoshimasa.nohara